生前贈与の注意点|改正相続税施行で気になる相続税!-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 相続 税金 > 【web版】学んで得する税務コラム > 生前贈与の注意点|改正相続税施行で気になる相続税!

ポイント4.『生前贈与の注意点』

シェア
ツイート
LINEで送る

(1) 110万円の非課税枠内で贈与を継続的に行う場合、受け取る側(受贈者)の名義の預金口座に入金したり、定期預金証書を作成する場合が多いですが、これらを祖父母や親等が勝手に開設、管理している場合には「名義預金」とみなされ、贈与とは認められず、相続財産として扱われます。

(2) また、例えば110万円を10年間、毎年同じ時期に贈与していた場合、最初から1100万円を贈与するつもりだった、つまり「連年贈与」と判断され、多額の贈与税が課税される場合もあります。

(3) 対策
・贈与者と受贈者の間で贈与の事実の了解や契約があった書類を残す
・受贈者が自分の責任で、贈与があった預金通帳、印鑑等を所有・管理する
・毎年、贈与契約書を作成したり、贈与の時期、金額、財産の種類を変える

税理士法人 米田会計
税理士 米田 和弘
〒330-0032
埼玉県川口市中青木4-3-21
TEL:048-255-0810
FAX:048-255-0819
MAIL:office@yoneda-kaikei.com
営業時間:9:00~17:00
HP:http://www.yoneda-kaikei.com
シェア
ツイート
LINEで送る
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP