相続税還付手続きで630万円の評価減!道路との高低差のある土地|やり方次第でこれだけ差が出る相続税-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 相続 税金 > 【web版】プロに聞け > 相続税還付手続きで630万円の評価減!道路との高低差のある土地|やり方次第でこれだけ差が出る相続税
プロに聞け!土地資産活用[相続対策編]

『やり方次第でこれだけ差が出る相続税』道路との高低差のある土地

シェア
ツイート
LINEで送る

高低差により、一部からしか出入りできない

 今回ご紹介する事例は、私達が行った相続税還付手続き(相続税申告期限から5年以内に、「更正の請求」を行うことで、一度納めた相続税の還付を受けられる手続き)で、実際にあった事例です。

 その土地(A土地)は、倉庫として使用されていたもので、幹線道路に面していました。ところが、A土地は道路に面しているものの、実際は、2mほども道路より低い位置にあったのです。

道路以外の三方は別の所有者の土地となっており、幹線道路の他には接道していません。そのため、道路寄りの土地の一部に幅3mほどのスロープを設置し、人や車両はそこから出入りしているようでした。(図1参照)
イラスト
この記事の回答者
藤宮 浩 不動産鑑定士
藤宮 浩 不動産鑑定士Makoto Takahara
株式会社フジ総合鑑定/フジ相続税理士法人
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-1-9 ステラ新宿2階9階
TEL 0800-815-8401 FAX 03-3350-1149
22年間で2,500件以上という業界でもトップクラスの相続税申告・減額・還付業務実績を持つ、相続専門の税理士・不動産鑑定士事務所です。相続税や贈与税などの資産税の申告・相続税のセカンドオピニオンともいえる相続税還付手続き・生前対策シミュレーション・土地活用アドバイスなど、お気軽にご相談下さい。

付近と比較して、利用価値が著しく低下している

 幹線道路沿いに隣り合った他の土地は、道路と同じ高さに位置しており、A土地のみ高低差がある状況です。 そのため、一部からしか敷地に入ることができないA土地は、隣地と比較して道路からの効用を十分に受けているとは言えないと判断されました。

 このように、「付近と比較して、利用価値が著しく低下している」と認められる土地については、高低差による影響を路線価に適切に折り込むために、相応の減価(10%の減価)を考慮するのが妥当と考えられます。

 今回は、A土地の前面道路の路線価18万円に10%の減価を適用し、前面道路の路線価を16万2千円として計算をしなおしたところ、630万円の評価減が可能となり、税額で252万円が還付されることとなりました。

相続税評価における土地評価の重要性

 このように、土地はその評価額自体が大きいため、評価方法(知識・経験・ノウハウ)一つで、何百万円~何千万円も相続税評価額が変わってきます。土地を複数お持ちの方は、この評価差額が顕著です。

 このため、個性のある土地をお持ちの方は、初めから不動産評価に強い税理士事務所に相続税申告(セカンドオピニオン等)を依頼されるのが得策です。
シェア
ツイート
LINEで送る
  ⇒ 失敗する「残念な経営者」の思考回路ってどんな感じ?? >>
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP