『相続人に未成年がいる場合はどのようにすれば良いですか?』土地資産活用[相続対策編]--賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 相続 税金 > 【web版】プロに聞け > 『相続人に未成年がいる場合はどのようにすれば良いですか?』土地資産活用[相続対策編]-
プロに聞け!土地資産活用[相続対策編]

『相続人に未成年がいる場合はどのようにすれば良いですか?』― その2 ―

シェア
ツイート
LINEで送る
 相続人のうち、未成年者がいても特別代理人の選任が不要な場合もあります。

ケース 1

 父母間に子供が二人(成年と未成年)いて父が死亡した場合で、母が子よりも先に相続放棄をした場合(図2参照)

 この場合、母がすでに相続放棄をしており、遺産分割において母と子2の利害が対立することはないため、母は子2の法定代理人として子1との間で遺産分割協議をすることができます。

 これと似たケースで子1も未成年の場合には、母は子1・子2の両方を代理することはできません。子1と子2の利害が対立してしまうからです。例えば、母が子1をひいきして、子1ばかりに財産を多く与えてしまうおそれがあるということです。
イラスト
この記事の回答者
吉伊和則 弁護士
吉伊和則 弁護士Kazunori Yoshii
ノーサイド法律事務所
〒105-0003
東京都港区西新橋1-18-6 クロスオフィス内幸町 606
TEL 03-6257-1788  FAX 03-6800-1492
 弁護士登録後、都内の法律事務所に入所。フランチャイズ契約に関する訴訟、相続、破産、中小企業の顧問業務などを中心に活動を行う。現在は、企業法務にも強みのあるノーサイド法律事務所において業務領域の拡大を図る。

ケース 2

 母と未成年の子が同時に相続放棄する場合

 この場合も、母と未成年の子で利害が対立することはありませんので、母が一人で相続放棄の手続をすることができます。 。

 このような事実がある場合は、他の相続人からも、当該相続人が相続する権利がないことを主張することができます。

ケース 3

 母が死亡した後、母方の祖父が死亡した場合

 この場合、子は祖父の相続人となりますが、母方の祖父と父の間に親子関係はありませんので、父は相続人ではありません(祖父と父の間で養子縁組がある場合は除く)。

 したがって、父は子の法定代理人として祖母との間で遺産分割協議をすることができます。
イラスト
シェア
ツイート
LINEで送る
  ⇒ 失敗する「残念な経営者」の思考回路ってどんな感じ?? >>
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP