家賃振込みや不動産情報収集に使うパソコンの購入。経費にできますか?-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 相続 税金 > 家賃振込みや不動産情報収集に使うパソコンの購入。経費にできますか?
勉強しよう

家賃振込みや不動産情報収集に使うパソコンの購入。経費にできますか?

サラリーマン大家で区分マンションを賃貸してます。パソコンを購入し経費にしたいのですが可能でしょうか?家賃の振込を確認したりインターネットで不動産の情報収集のためにも使います。また、その他経費にできるものはありますか?
シェア
ツイート
LINEで送る

 所得税法上、事業所得、不動産所得及び雑所得の金額を計算する上で、必要経費に算入できる金額は、次の金額とされています。

 ① 総収入金額に対応する売上原価その他その総収入金額を得るために直接要した費用の額
 ② その年に生じた販売費、一般管理費その他業務上の費用の額

 つまりその営む業務に関連する費用であることになります。
 不動産経営をするうえで必要な経費だと合理的に説明できることが重要になります。

 ただし個人の業務においては一つの支出が家事上と業務上の両方にかかわりがある費用(家事関連費といいます。)となるものがあります。

 例えば、接待交際費、地代家賃、水道光熱費、通信費などです。
 この家事関連費のうち必要経費になるのは、次の金額です。

 イ 主たる部分が業務の遂行上必要であり、
   かつ、業務に必要である部分を明らかに区分することができる場合のその区分できる金額


 ロ 青色申告者で、取引の記録などに基づいて、業務の遂行上直接必要であったことが明らかに区分することができる場合のその区分できる金額

 ご質問のパソコンですが不動産業務にだけでなく非業務用(個人の生活用)などにおいても使用すると思いますので前述の通りに業務部分と家事分とに分けて使用頻度に応じた経費按分が必要となります。10万円以上は原則減価償却となります。

MCS税理士法人
代表社員税理士 舛田 義行
東京都立川市柴崎町3-11-4 千代田生命立川ビル4階
TEL 042-595-7671/FAX 042-528-6949
シェア
ツイート
LINEで送る
  ⇒ 失敗する「残念な経営者」の思考回路ってどんな感じ?? >>
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

【こんな記事も読まれています】

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP