相続登記を放置した結果「相続するアパートの土地と建物の名義が違う!?」-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 相続 税金 > 【web版】プロに聞け > 相続登記を放置した結果「相続するアパートの土地と建物の名義が違う!?」
プロに聞け!土地資産活用[土地相続トラブル編]

『相続するアパートの土地と建物の名義が違う!』

シェア
ツイート
LINEで送る

【状況説明】

■関係図
家計図
名義人が違う

相続登記を放置して起きたトラブルとは……

私の父親が亡くなり、実家と木造一棟アパートを兄弟2人で相続することになりました。

話し合いにより、長男(A)である私が実家の土地と建物を、次男(B)は一棟アパートを相続することになりました。Aは実家の土地を担保に実家を建て替えて住むことに、Bはアパートを担保に一戸建てを購入することにしました。

その後、融資を受けるために手続きを進めていると、不動産の登記名義人が父親ではないことに気づきました。確認してみると、実家もアパートも建物は父親でしたが、実家もアパートも土地は祖父のままでした。

父親は3人兄弟で長男です。叔父は5年前に死亡していて、叔母は生きています。
名義人が違う
この記事の回答者
高島 秀行 弁護士
高島 秀行 弁護士Takashima Hideyuki
高島総合法律事務所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-11-7 第二文成ビル9 階
TEL 03-3539-3339 FAX 03-3539-3581 URL http://www.takashimalaw.com/
相談への回答は、なるべく明確に、どういう方針で、どうしたらよいか、そのためには、費用がいくらかかるかを説明するようにしています。依頼を受けたときには、相手に通知を出した、交渉をした、裁判があったなど、何かあるごとにその内容を書類の写しなどをお送りしてご報告しております。
シェア
ツイート
LINEで送る
  ⇒ 失敗する「残念な経営者」の思考回路ってどんな感じ?? >>
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

【こんな記事も読まれています】

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP