知らない間に兄弟が増えていた!?養子縁組による相続トラブル-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 相続 税金 > 【web版】プロに聞け > 知らない間に兄弟が増えていた!?養子縁組による相続トラブル
プロに聞け!土地資産活用[相続対策編]

知らない間に兄弟が増えていた!?養子縁組による相続トラブル

シェア
ツイート
LINEで送る
 
この度、一人暮らしだった父親が亡くなりました。私は2人兄弟の次男です。

母は10年前に亡くなりました。父は自宅(実家)と木造アパートを所有しており、実家は兄が相続して私(次男)はアパートを相続する予定でした。

ある日、相続の話し合いで兄嫁が父と養子であることを初めて知りました。父親が入院中に、父親の看病を兄嫁がしてきたので兄嫁にも資産を残して欲しいと兄が話をして養子にしたようです。
この記事の回答者
高島秀行 弁護士
高島秀行 弁護士Takashima Hideyuki
高島総合法律事務所
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-11-7 第二文政ビル9階
TEL 03-3539-3339  FAX 03-3539-3581
 賃貸契約のトラブルは、すべて法律問題です。トラブルが起きたらまず弁護士に相談して法律がどうなっているか、どんなリスクがあるかを確認してから対処するのが良いと思います。
   

Q1:兄弟の承諾なく兄嫁が養子になることは可能なのか?

養子縁組をすれば、養子は実子と同じく相続権を取得します。
そこで、相続争いの相談を受ける際に、相手方である兄弟の妻や兄弟の子供が両親と養子縁組をしていたということはよくあります。
本ケースで言えば、本来、2人兄弟ですから、相続分は2分の1ずつということとなります。しかし、兄嫁が養子縁組をすることにより、相続分は、兄、次男、兄嫁が3分の1ずつとなり、実際上、兄3分の2、次男3分の1となってしまいます。
この養子縁組は、養親となる父と養子となる兄嫁の合意があれば可能で、父の子供である他の兄弟の承諾などは必要ありません。
したがって、次男が聞いていなかったとか承諾していないという事情があっても兄嫁との養子縁組は問題はなかったということになります。
当時の父の意識では、養子縁組を承諾するような判断は難しい状況であり、兄が無理やり養子縁組届出用紙にサインさせたようにも感じます。
 
     

Q2:養子縁組を無効にすることは可能ですか?

過去の相続の相談を受けた経験からいうと、相続対策はご両親が病気などで相続が発生するかもしれないという状況で行われることが多いです。
その中で、相続対策として良く行われるのが、遺言書と本ケースで問題となっている養子縁組となります。しかし、病気等で相続が発生するかもしれない状況でなされた養子縁組や遺言書作成は、本人が判断能力がなく無効となる可能性はあります。
本ケースでも、父が脳梗塞で倒れた後、あるいは認知症等で判断能力がないということであれば、養子縁組を無効とすることは可能です。このためには、当時の父の診断書や看護記録などから判断能力がなかったと証明する必要があります。      

Q3:何人でも養子縁組することはできるのでしょうか?(民法上の養子と相続税法上の養子の違い)

前述のとおり、両親を自分の家族(配偶者や子供)と養子縁組することにより、実質的に自分の相続分を多くするということが可能となります。この点、民法上は、養子縁組は何人でもすることが可能です。ただ、何十人と同時に養子縁組をしたり、全員が一緒に親子 として生活していないということであれば無効になる可能性があります。

養子縁組は、民法上相続分を変更するためにも用いられますが、相続税の節税のためになされることもあります。ただし、相続税の基礎控除を計算する場合には、養子縁組を多数していても、実子がいる場合は1人分、実子がいない場合で2人分しか考慮されません。

したがって、相続税の節税のために、多数と養子縁組をしてもあまり意味が無いことになります。
 
 
イラスト
シェア
ツイート
LINEで送る
  ⇒ 失敗する「残念な経営者」の思考回路ってどんな感じ?? >>
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

【こんな記事も読まれています】

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP