パナホーム 取材インタビュー-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 土地活用 > 【経営博士】建築ハウスメーカー 取材インタビュー > パナホーム 取材インタビュー


     

「あなたと夢を、ご一緒に」
パナホームのブランドスローガンである。
パナホームが大切にしていること・・・それは1人ひとりのくらしの夢をしっかり受け止め、それをかたちにし、
生涯にわたる満足を提供すること、だという。
そして、日々の安心や心地よさ、楽しさを大切にする一方で、環境と共生するこれからの家のあり方を追求し続けている。 パナホームが届ける住まいとは、エネルギーを賢く活かし、CO2排出量の削減に貢献する「環境の価値」や、長く快適に住み継ぐことができる「資産の価値」、さらに、家族のきずなを育み、 喜びを広げる「くらしの価値」を高める住まい。そして、毎日を心地よくくらすことが、エコにつながっていく、という考えのもと、 住むひとにとっても地球にとっても心地いい、次世代の住まいを提案している。

そんなコンセプトを基盤に、パナホームは賃貸住宅・資産活用事業においても積極的に活動し、オーナーの大切な土地資産を有効に活用してもらえるよう、 賃貸市場の動向や入居者ニーズを的確に捉え、多彩な要望に応える賃貸住宅を提供している。
敷地条件や立地環境などを考慮した最適な事業プランの提案から、 計画、建築、引き渡し、入居者募集・契約、家賃管理など、賃貸経営のマネジメントまで万全にサポートする体制が整っている。 また、パナホームが全室まとめて借り上げる「一括借上げシステム」をはじめ、点検・メンテナンスなどのアフターサービス、適切なリフォームの提案で安定経営を応援、オーナーの賃貸経営をバックアップしている。


 
 資産活用事業企画部
 集合住宅グループ
 チーフマネージャー
 松田 薫 さん
 リーダー
 高島 敦 さん
【本社】
所在地:〒560-8543
大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号

TEL:06-6834-5111(大代表)

本社(大阪府)

   
賃貸集合住宅『フィカーサ エコソレイユ』に関して特徴を教えてください。
最近の施主さんが希望される建築スタイルはどのようなものですか?
新エネ大賞を受賞されてお客様の反応はいかがですか?
消費税が5%~8%へ、そして今後10%へとアップ・・・エンドユーザーへ一言いただけますか?
 
 賃貸集合住宅『フィカーサ エコソレイユ』に関して特徴を教えてください。

パナホームでは2013年6月に大容量の太陽光発電搭載で、先進の環境性能を
実現する賃貸住宅として『エコソレイユ』を発売させていただきました。

商品のコンセプトとして、3つのコンセプトがあります。
構造、メンテナンス性を含めてオーナー様が建てられた資産をどのように守っていくかを考えた資産の価値、
環境の価値、くらしの価値と、大きく3つの価値をコンセプトに、商品を開発しております。

当社では、特に環境の価値に力を入れています。その中にあるのが太陽光発電になります。
2012年7月からの固定価格買取り制度の導入により、太陽光発電パネルを設置することで
環境貢献やオーナー様の収益にもつながってくるというメリットが生まれます。

パナホームでは、太陽光発電パネルそのもので屋根を構成した
『エコソレイユ』という商品を開発しました。

従来は比較的小規模な賃貸住宅では10kW搭載が難しかったのですが(6kW~7kW)
『エコソレイユ』では16.66kWの大容量太陽光発電システムの搭載が可能になりました。

【10kW以上を発電することによるメリット】
※1 固定価格買取り制度20年保障(10kW未満は10年)
※2 全量買取り(10kW未満は余剰電力買取り)
これにより、比較的小規模な賃貸住宅でも大容量(10kW以上)の太陽光発電システム
の搭載が可能になり、オーナー様への収益につなげていくことが可能になりました。


【エコソレイユでは1280万円の売電収入が可能に】
太陽光発電システム16.66kWを搭載し全量買取方式で20年間売電すると・・・
年間発電量(18.690kWh)×売電価格(34.56円/kWh)×買取期間(20年)=売電収入:約1280万円






 最近の施主さんが希望される建築スタイルはどのようなものですか?

最近は、重ね建てタイプを希望される方が多くなりました。
重ね建てタイプとは、玄関が2つあり、1つは1階用の玄関、もう1つの玄関は2階用の玄関になっているタイプになります。
 
通常の賃貸住宅では、玄関までの廊下部分が共用部分になり、清掃等のメンテナンスにおいてデメリットがありますが、
このタイプでは共用部がないというメリットがあり、人気のタイプになります。
 
他にも、屋内共用タイプがあります。
特徴としましては、外廊下や中階段が屋内にあるので雨に濡れず、共用部分も汚れにくくメンテナンス管理がしやすいことです。
 
その他、共用玄関以外からの進入も防ぎ、セキュリティレベルが高まります。


 新エネ大賞を受賞されてお客様の反応はいかがですか?

今回の新エネ大賞では、戸建住宅の『エコ・コルディス』と賃貸住宅の『エコソレイユ』の
両方で受賞させていただきました。

評価いただいた点としましては、先に述べたように太陽光発電パネルで屋根を構成するといった斬新な発想と
デザインに共感いただいて受賞につながったのだと思います。

受賞してから太陽光発電パネルを設置されるオーナー様が増加し、
2012年から2013年にかけては約2倍~3倍になっています。



 消費税が5%~8%へそして今後10%へとアップ・・・エンドユーザーへ一言いただけますか?

基本的に家賃に対して消費税はかかりませんので、オーナー様に対するご負担が増えます。
今回、消費税が8%に増税される際には2013年9月末までにご契約したお客様は2014年4月以降に引渡しがあったとしても消費税5%で対応できる期限になっておりましたので契約される方が非常に多かったです。

8%から10%に消費税が増税されることに関しましても、2015年3月末までに契約していただくと2015年10月以降に引渡しがあったとしても消費税が8%になりますので、 ご参考にしていただければと思います。


それよりも、当社が気にしていることがあります。

それは、相続税が2015年1月から改正されることです。

相続税に対する基礎控除が引き下げられるため、今よりも多くの方が相続税を払わざるを得なくなります。

特に土地は持っているけれど、活用の目途が立っていない人で万が一、相続税改正後、資産をお持ちの方がお亡くなりになった時には子孫の方に相続税がかかるため、パナホームではオーナー様にはそういった情報をしっかりとご提供しています。


 パナホーム株式会社 企業情報

『住まいは人間が生活していく上で、最も大切なもの、それにふさわしい良い家をつくりたい』
パナホームは創業者 松下幸之助の家づくりにかけるこの熱い思いを原点に、1963年の創業以来、一貫して新しい日本の住まいを提案し続けてまいりました。

「安全・安心」「健康・快適」「ふれ愛・信頼」をキーワードに、お一人おひとりのお客さまとともに築き上げる、
まさに「一期一会」の日本のくらし文化の創造に向けた取り組みでもありました。

一方、今日の住宅産業にとって最大の使命は、これまでの家づくりの価値観に加えて、
地球環境との共存を求めて、持続可能な社会の構築に向けての新たな価値を生み出していくことです。

私たちパナホームは、創業以来積み重ねてきたお客さまとの信頼をベースに、
パナソニックグループの総合力を結集し、Blue Energy(ブルーエナジー)と名付けた2020年未来基準の「ゼロエネを超える家」 の創出と、スマートなくらし価値を創造する「Only oneの住生活企業 」をめざしてまいります。


会社名 パナホーム株式会社
会社ホームページ http://www.panahome.jp/
所在地 〒560-8543
大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号
TEL (06)6834-5111 <大代表>


PAGE TOP