生和コーポレーション-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 土地活用 > 【経営博士】建築ハウスメーカー 取材インタビュー > 生和コーポレーション
     

生和品質。
木造ツーバイフォーから鉄骨造、鉄筋コンクリート造まで、 様々な工法に精通する生和グループだからこそ出来る建設品質がある。生和コーポレーションでは、 多様な敷地に対応する多彩な企画商品はもちろん、40年以上にわたって蓄積された設計・施工のノウハウを詰め込んだオーダーメイド建物を最も得意としている。当グループの商品技術力が業界で高く評価されているのは、オーナー様のニーズや計画地の特性に対応するために日々新技術を吸収し、「品質とコストダウンの追及」をした結果に他ならない。 また、建物(ハード)ばかりでなく、事業性を重視したオーナー様へのコンサルティング、最長35年一括借上げシステムや24時間体制での入居者対応・建物管理といったソフト面での充実も同社が賃貸経営の心強いパートナーとしてオーナー様の高い評価を得ている理由であろう。 1971年の設立以来、資産活用のエキスパートとして数多くの施工実績を上げてきた同社は、2000年に首都圏エリアへの進出を果たし、現在では創業の地である関西に加え、東海、九州の4大都市圏を中心に、さらなる実績を積み重ねている。 オーナー様や入居者様、地域社会にまでもまごころをもって接する。 「すべてはオーナー様のために」 そして「品質を守ること」。これが生和コーポレーションの信念なのだ。



【生和コーポーレーション 西日本】
所在地:〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島5-8-1
TEL:06-6345-0661

【生和コーポレーション 東日本】
所在地:〒101-0052 東京都千代田区神田淡路町1丁目3番
TEL:03-3257-1777



 
常務取締役
岸本光弘




 
取締役執行役員兼 東日本エリア技術本部統括本部長
貴志 悟


 



取締役統括
本部部長
黒田英之







 会社の特徴(力を入れていること)を教えて下さい。


賃貸経営一筋40年以上の実績と信頼のもと、首都圏・大都市圏にエリアを絞り、また駅から徒歩10分圏内という利便性の高い土地に特化しているからこそ、きめ細かい要望に応えられることができるのが生和コーポレーションです。施工の信頼性も高く、その中でも得意とするのが鉄筋コンクリート造5~13階建てのマンションです。

賃貸経営事業を安定事業として成功に導く為に、当社には土地調査から建物管理までを一貫してサポートするSTSS(生和トータルサービスシステム)というものがあります。保有資産や事業課題の洗い出しから始まり、オーナー様によって異なるニーズを洗い出すため、当社スタッフだけでなく、銀行や税理士などの専門家スタッフも同席し、ひとつのテーブルを囲んで意見交換をする場を設ける、そういったプロセスをご提供しております。

資産価値を長期にわたって維持するため、また収益を高めるためには、高賃料を期待できる立地と入居者が満足する付加価値の高い建物・仕様が求められます。
オーナー様の土地を最大限に生かす事業提案と設計プラン。そして“品質を守る”こと、これは我々にとってもオーナー様にとっても賃貸経営を行う上でのポイントと言えるでしょう。

 今回の震災(東日本大震災)を受けて会社として取り組んでいくことをお聞かせ下さい。

写真左:貴志取締役執行役員  右:岸本常務取締役
東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また一日でも早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

今回の震災を受け、今後、耐震性や耐火性を踏まえて建て替えをお考えの方がさらに多くなると思われます。当社としても、古いアパートの震災による入居者の被災補償は持ち主の賠償責任であることも含め、オーナー様にとっても入居者様にとっても安心・安全なマンションの提供をしていくことが重要と考えております。

人の暮らしや命に関わる企業として。
生和コーポレーションは土地活用一筋40年、土地オーナー様とともに賃貸マンション経営を追求し、ノウハウと建設技術を堅実に積み重ねてまいりました。 1995年に発生し多大な被害を及ぼした阪神淡路大震災にも、当社の建物は一棟の倒壊もありませんでした。 もともと大阪で会社を興した当社は、阪神・淡路大震災を教訓に、
     ■防災力強化マンション*への取り組み
     ■耐震・免震の取り組み
     ■耐久性・耐震性に最も優れた鉄筋コンクリート造マンションの推進

に力を入れ、より安心・安全な賃貸マンション造りを追及してまいりました。
結果、奇しくも、2011.3.14(東日本大震災の三日後)、賃貸マンションとして初めて、大阪市が認定する『防災力強化マンション*』に認定されました。 防災力強化マンションは、耐震性に優れているだけではなく、マンホールをトイレとして使える設備や、かまどとして利用できるベンチ、3日分の食糧を備蓄した倉庫など、ライフライン復旧までの生活を支援する施設・設備の設置をすることにより、高い防災力を地域に活かし、地域全体として防災力の向上に寄与することができるのです。
このような取り組みを始めとし、我々は人々の暮らしや住まいに携わる企業として、これまで以上に安心・安全な住空間の提供を、またそのための努力を続けてまいります。

*防災力強化マンション認定制度:阪神・淡路大震災で被災地となった大阪市が全国に先駆けて設けた認定制度。
耐震性や耐火性に優れ、被災時の生活維持に必要な設備・施設の整備、住民の日常的な防災活動の実施など、ハード・ソフト両面で防災力が強化されたマンションを認定。災害時、地域コミュニティが連携し、地域の防災力を高めるための核となるマンションを整備・増やすことを目的に創設された。
    
 

 今後の賃貸経営の方向性を教えて下さい。

私たちが考える土地活用とは、『オーナー様の大切な土地を最大限に活かし、豊かな住環境を提供すること、更には”賃貸経営という安定した事業を提供すること(事業を成功に導くこと)”』です。

そのためには、当社自身安定した財務基盤と高い技術力を保ち続けなければなりません。 大切な土地を託し、何十年にも渡る長期事業のパートナーとしてお客様から選ばれるには、財務内容が健全かつ安定した企業であることが、最低限の条件だと考えるからです。 また、私たちはオーナー様が何を求めているのか、オーナー様の大切な土地をどうしたら最大限に活かせるかを常に考えています。

徹底的にオーナー様のお話を聞き、徹底的に土地や市場を分析し、オーナー様のこだわりや市場が求めている住まいを具現化する・・・ あくまでも品質にこだわり、安定した賃貸経営事業のために、営業・設計・工事・不動産・・・グループ一丸となりオーナー様が”将来を買う”サポートに徹しております。 生活の基本「衣食住」の1つ、住まい。
生和グループは、これからも土地活用事業・賃貸マンション事業を通して、オーナー様とともに地域に密着した安心安全で豊かな住環境とライフスタイルの提供、そして地域社会に貢献できる「生活総合企業」を目指し、他社にはないご満足を提供してまいります。

 

 御社の今後の『エコ』に対する発展・お考えをお聞かせ下さい。


暮らしのあらゆるシーンでエコ意識が高まる中、賃貸住宅にもこれまで以上に環境への配慮や安全性・快適性が求められています。 当社では、環境に優しいだけでなく、入居者様にもオーナー様にも様々なメリットをもたらすエコ設備や仕様を搭載した「エコ賃貸住宅」の提供をしております。

特に、需要の高いファミリー向け賃貸住宅として、太陽光発電システムとオール電化を標準装備したメゾネットタイプの『リマーレ・ココロ』を皮切りに、2011年4月、さらに競争力の高い「エコ賃貸住宅」を目指し、『リマーレ・ウィルエコ』ならびに『リマーレ・ウィル』を発売開始いたしました。

次世代省エネルギー基準をクリアする断熱性や、LOW-Eガラス*の導入、省エネ給湯器や高効率エアコンなど未来を見据えた先進アイテムは、快適な空間を生むばかりでなく、入居者様の満足度を高める経済性をも生み出し、オーナー様にとっても競争力・収益力を兼ね備えた長期安定経営を叶えます。

*遮熱高断熱複層ガラス 夏の暑さ、冬の寒さをうまくコントロールするため、エネルギーの無駄使いを抑え、一年中快適に過ごせます。
 
 オーナー様へのメッセージをお願い致します。

繰り返しになりますが、私たちが考える土地活用とは、『オーナー様の大切な土地を最大限に活かし、価値を高め、次の世代へとつなげていくこと。
そして、豊かな住環境を提供するとともに、”賃貸経営という安定した事業を提供すること(事業を成功に導くこと)”』だと考えております。 オーナー様から土地活用事業のパートナーとして、『生和なら安心して任せられる』とおっしゃっていただけるよう、オーナー様を全面的にバックアップさせていただきます。 ご相談お待ちしております。

 

 生和コーポレーション株式会社 企業情報

~長期に渡る賃貸経営事業には安心のパートナー選びが重要です~
高い節税効果と安定収入が期待できる賃貸マンション経営は、 長期にわたって
オーナー様の生活に潤いを与えてくれます。


会社名 生和コーポレーション株式会社
会社ホームページ http://www.seiwa-stss.jp/
西日本本社所在地

大阪府大阪市福島区福島5-8-1

TEL/FAX 06-6345-0661/06-6345-1171
東日本本社所在地

東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

TEL/FAX 03-3257-1777/03-3257-5972
創業

昭和46年4月16日

代表者

代表取締役 黒田順一


PAGE TOP