10年前からの家賃滞納発覚!全額請求できる?-ストッピーの「それ合ってる?大家さん」--賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 滞納 退去 > 【web版】ストッピー > 10年前からの家賃滞納発覚!全額請求できる?-ストッピーの「それ合ってる?大家さん」-
それ合ってる?大家さん

10年前からの家賃滞納発覚!全額請求できる?

シェア
ツイート
LINEで送る

今回の相談者
M.Tさん
(47歳 東京都)
2ヶ月前に突然父親が他界しアパートや貸家を相続しました。父は自主管理でアパート経営をしていたので、管理が雑で書類や通帳などを整理していると…

複数棟のアパートや貸家を所有する2代目地主大家です。昨年、相続した不動産の書類を整理していると、遠方にある貸家の家賃が10年間支払われていないことに気がつきました。早速家賃の督促を開始しましたが、借主は払えないの一点張り。連帯保証人に請求をしましたが、支払えないというので…

ストッピー

今回のケース

不動産・法律分野の専門家に、
今回のケースに対して
回答していただきました。
各分野の専門家の意見を見てみましょう。

消滅時効があることに注意しましょう!

みらい総合法律事務所
水村 元晴 弁護士

1.借主に対する請求
 (1)借主は家賃支払義務を負担していますから、大家は借主に対し、原則として10年間分の滞納家賃を請求できます。

 ただし、家賃支払請求権は、定期給付債権として5年で時効消滅します(民法169条)。そのため、借主がこの消滅時効を主張した場合、大家は、支払期限から5年が経過した分の家賃は請求できません。

 (2)設問の場合、大家としては、これ以上の時効の進行を阻止すべく、内容証明郵便で滞納家賃の支払を督促し、6ヶ月以内に訴訟提起すると良いでしょう(民法153条)。

 なお、10年間も家賃を滞納する借主は、今後の家賃の支払いも期待できないので、賃貸借契約を解除し、貸家の明渡しも請求すべきでしょう。

2.連帯保証人に対する請求
 (1)連帯保証人は借主と連帯して家賃支払義務を負担していますから、大家は連帯保証人に対し、当然に滞納家賃を請求できそうです。

 (2)しかし …
みらい総合法律事務所 【住所】〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目3番 麹町プレイス2階 【TEL】03-5226-5755 【FAX】03-5226-5756
法律のプロ
シェア
ツイート
LINEで送る
  ⇒ 失敗する「残念な経営者」の思考回路ってどんな感じ?? >>
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

【こんな記事も読まれています】

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP