急病で入院した滞納中の賃借人の対応方法とは? -勝ち組大家への道【家賃滞納・立ち退き編】--賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 滞納 退去 > 【web版】勝ち組大家さん > 急病で入院した滞納中の賃借人の対応方法とは? -勝ち組大家への道【家賃滞納・立ち退き編】-
勝ち組大家への道【家賃滞納・立ち退き編】

急病で入院した滞納中の賃借人の対応方法とは?(地域・愛知県)

 賃借人が急病で倒れ、意思確認が取れない状況です。
 勝手に居室内の荷物などを処分できないと思うのですが、このままでは家賃滞納がふくらみ続けると思います。

 すぐにでも退去手続きを行いたいのですが、こういった場合の留意点などがわかりません。
 【状況】
 ・賃借人が急病で倒れ、現在入院中。
 ・意思確認が取れない。
 ・同居人はいない。
 ・連帯保証人と連絡がつかない。
 ・現在、家賃滞納がある。
 ・入院後、鍵は兄弟が持っており、家財などの一部を持ち出している。
  (意思確認が取れないので勝手に持ち出していると思われます。)
 ・兄弟が賃借人の給料を受け取った為、滞納家賃の支払いを求めるが拒否。


 できれば穏便に処理したいと考えておりましたが、兄弟の目に余る対応でそうも言ってられなくなりました。

 こちらの希望としては早急に荷物の処分をし、新たに募集をかけたいと考えております。
 願わくば、滞納家賃の一部でも回収できればと思っております。

 宜しくお願いします 。
Answer

○○は差し控え、訴訟手続きを進める

ご相談の状況でも、
①家賃滞納を理由としてその支払を催告し、支払のないときは契約解除を行う …
妻鹿直人 弁護士(ポプラ法律事務所)
妻鹿直人 弁護士(ポプラ法律事務所)
〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25 梅田プラザビル5階
TEL:06-6312-6670/FAX:06-6312-6671
シェア
ツイート
LINEで送る
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP