合意解約なのに立退き料の請求が…-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 滞納 退去 > 【web版】勝ち組大家さん > 合意解約なのに立退き料の請求が…
勝ち組大家への道【家賃滞納・立ち退き編】

合意解約なのに立退き料の請求が…(地域・埼玉県 )

シェア
ツイート
LINEで送る
賃貸物件を自己使用する必要が生じたので、入居者夫婦に事情を伝えました。

話をしてみると、その時ご夫婦は子供が大きくなったので家を購入するか、今より広い賃貸マンションに引越しすることを考えていたそうで、次の更新はしないと言われました。

そこで、更新の半年前に「更新しない旨の通知」を送りました。

契約満了の2ヶ月前に引越し先が決まったと連絡があったのですが、その時に立退き料として引越し費用と家賃3ヶ月を請求されました。

当方としては、お互いの合意による契約解除として認識しており、立ち退き料を支払う必要は無いと思っております。
このようなケースでも立ち退き料を支払う必要はあるのでしょうか?
Answer
無償で退去するという合意が成立しているのであれば、法律上は立退料を支払う義務は生じません。

しかし、ご相談のケースでは、口頭でのやり取りをしたのみであり、解約に関する「合意書」を取り交わしていないものと思われます。

そうすると、 …
関戸淳平 弁護士(横浜ユーリス法律事務所)
関戸淳平 弁護士(横浜ユーリス法律事務所)
〒231-0021
神奈川県横浜市中区日本大通18番地 KRCビル403 B
TEL:045-651-6635/FAX:045-651-6673
シェア
ツイート
LINEで送る
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP