家賃滞納の再発が不安!退去してもらうことは可能?-ストッピーの「それ合ってる?大家さん」--賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 滞納 退去 > 【web版】ストッピー > 家賃滞納の再発が不安!退去してもらうことは可能?-ストッピーの「それ合ってる?大家さん」-
それ合ってる?大家さん

家賃滞納の再発が不安!退去してもらうことは可能?

シェア
ツイート
LINEで送る

今回の相談者
K.A(さん
(48歳 東京都)

所有しているアパートに、昨年4月に就職された会社員の方が入居されています。
1月から2か月分滞納していたので契約者本人に督促しましたが支払われず、連帯保証人に催促したところ、その翌日に2か月分が振り込まれました。
しかし今後のことを考えると不安なので契約を解除してもらうことを決めました。

ストッピー

今回のケース

不動産・法律分野の専門家に、
今回のケースに対して
回答していただきました。
各分野の専門家の意見を見てみましょう。

ノーサイド法律事務所
山﨑 健介 弁護士

2か月分の賃料未払いで『信頼関係を破壊した』とまで言えなければ、契約解除は難しい!
賃貸借契約は、賃貸人と賃借人の信頼関係に基づいて、ある程度長期間継続することを当然に想定する契約です。

途中で解除できる場合としては、当事者間で契約解除の合意をする「合意解除」か、法律で定められた原因に基づいて一方的に解除する「法定解除」があります。

「賃借人が賃料を滞納する」ということは、賃借人が賃料支払いの義務を怠るという「債務不履行」であり、これは「法定解除」の典型的な場面と言えます(他には、無断転貸の場合、無断で賃借権を譲渡した場合、用法遵守義務違反等があります)。

しかし、 …
 ノーサイド法律事務所 【住所】〒105-0003 港区西新橋2-15-7 MSC西新橋ビル2階 【TEL】03-6257-1788 【FAX】03-6800-1492
法律のプロ
シェア
ツイート
LINEで送る
  ⇒ 失敗する「残念な経営者」の思考回路ってどんな感じ?? >>
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

【こんな記事も読まれています】

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP