家賃滞納された大家が知っておいた方がいい!対応方法と改善策-賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 滞納 退去 > 滞納 退去 悪質入居者 > 家賃滞納された大家が知っておいた方がいい!対応方法と改善策

家賃滞納問題・督促問題 強制退去について

シェア
ツイート
LINEで送る

所有する物件が満室でも家賃滞納者がいると家賃収入が減り、その部屋が空室と同じ状況になります。

また、家賃滞納者が長期にわたり居座ることになると、大家さんの労力・時間を費やすことになります。 ここでは、家賃滞納に対する対応方法について学びましょう!

なぜ家賃滞納が起こる?

家賃の滞納理由は忘れていたり、突然の用事・払う気がない等、様々な事が考えれられます。

単に忘れているだけならまだ良いですが、払う気があってもお金がない場合や、中には払う気がない入居者の対応には頭を抱えてしまう大家さんも少なくはないのではないでしょうか。

よくある滞納理由って?

  • 忘れていた
  • 旅行など、出かけていて支払えなかった
  • お金がない
  • 急な病気・怪我
  • 行方不明・音信普通
  • 支払う気がない

改善の余地があるケース

滞納の多くは支払いが一時的に遅れてしまうケースのようです。

改善策とすれば大家さん自身がきちんと毎月、賃料の入金状況をチェックして 支払いの遅れが頻繁化したり、未払いの状態が長く続いたりすることがあれば、 通知する事で 入居者に家賃支払いの意識付けを行なう事が良いでしょう。

改善の余地のないケース…

全く支払う気がない為、居留守・約束を破る等を 行なう悪質なケースの場合には、裁判などの 法的手段により「契約解除」「差し押さえ」「明け渡し請求」などの方法もあります。

法的手段に訴える場合には滞納が続いていて 繰り返し督促しているにもかかわらず支払いがない事を証明する事が重要です。

例えば滞納家賃の支払いと支払わない場合に退去・解約・契約解除などを願うという内容を記載した 『内容証明』を賃借人に送付する事などです。
それでも進展がない場合には、訴訟・強制執行により退去を求める事になります。

入居者が行方不明の場合は?

入居者が行方不明の場合には、まず連帯保証人に連絡をとり事情を聞き、 家賃滞納分はどうするか・部屋は今後どうするか等を話しあってみましょう。
場合によっては連帯保証人の責任において契約者と話し合いのもとで 部屋の明け渡しを求める事なども必要です。

また、借家人が行方不明になり連帯保証人にも連絡がつかないケースでは、 「公示送達」を含めた法的手段に訴える方法があります。
このような事態にまで進展する場合には専門家に相談することをオススメします。

シェア
ツイート
LINEで送る
専門家に相談してみる

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)
40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…

PAGE TOP