家賃滞納の督促方法について-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 滞納 退去 > 家賃滞納の督促方法について

家賃滞納問題・督促問題 強制退去について

シェア
ツイート
LINEで送る

家賃滞納の督促方法

家賃滞納処置の流れ

※生活に困っている場合など払いたくても払えない場合などは6カ月以上の滞納でも、 契約解除や明け渡しが認められない場合もあるようです。
簡単に解決できないケースもありますので、極力専門家に相談しましょう。

家賃集金方法

集金方法として、入居者に振り込んでもらっていることが多いようですが、 銀行口座などからの自動引落としにすれば、少なくとも振込みを忘れる事は無くなるでしょう。 また大家さんに直接手渡しする方法も、滞納には効果があるようです。
(引き落とし口座において、家賃残金がある場合に限りますが・・・)

家賃滞納を防ぐポイント

家賃滞納などの契約違反は入居者のモラルが一番の原因ではないでしょうか。
家賃が入金予定通りされないと経営に大きく支障をきたす為、 契約前の審査や契約書に滞納した場合の処置を記載する事などが重要になってきます。

特に審査では「賃料に見合う収入はあるか」・「以前の入居期間はどれくらいか」・ 「連帯保証人が親族でない場合などではその理由」などを聞き不動産会社から意見を良く聞いた上で契約を進めた方が良いでしょう。

また入居する人を大家さんが信用できると思わない限り契約は慎んだ方が良いかもしれませんね。
例えば、賃料が収入の半分以上を占めている人を入居させたのでは「滞納してくれ」といっているようなものですし、 前入居期間が短い場合は何かトラブルを起こしているかも…。
疑ってかかるときりがありませんが、入居審査は不動産会社に協力してもらい慎重に行う事が望ましいでしょう。

シェア
ツイート
LINEで送る
  ⇒ 失敗する「残念な経営者」の思考回路ってどんな感じ?? >>
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

【こんな記事も読まれています】

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP