テナント系とレジデンス系賃貸経営の違い③退去〜入居を如何に短期間で行うか?|和田 寛

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > テナント系とレジデンス系賃貸経営の違い③退去〜入居を如何に短期間で行うか?

テナント系とレジデンス系賃貸経営の違い③退去〜入居を如何に短期間で行うか?

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 和田 寛

賃貸経営と不動産投資をしてる専業大家です。個人と不動産管理法人で物件を所有しています。常コミュニケーションを大事にして、適度なテナントリテンションを実施しています。

今回はレジデンス系経営について書かせて頂きます。

レジデンス系経営の極意?

私は不動産管理法人を所有しており、羽田空港近くの大田区東六郷1丁目に木造アパート3棟
計20室を所有しています。

詳細は下記の通りです。

①プレシャス蒲田
全8室ロフト付き、3点ユニット、冷蔵庫、電子レンジ完備、外国人入居可能。

②インベストメント蒲田20
全6室ロフト付き、バス・トイレ別設計、宅配ロッカーあり。
4月末現在、203号室空きあり。

③ノイエスト蒲田
全6室ロフロ付き、バス・トイレ別設計、宅配ロッカーあり。

ちなみに②③共用の「宅配ロッカー」です。
レジデンス系経営の基本は、やはり「管理会社」です。

退去〜原状回復〜募集〜入居のサイクルを如何に短期間で行うかが全てです。
また、大家として大切なことは近隣家賃相場には常に目を光らせることです。

今後の取り組み課題として、在留外国人やシニア(年金生活者、生活保護者)等へのアプローチも必要です。弊社では、管理会社経由で「7ヶ国語可能な外国人専用保証会社」と提携しています。介護、建設等の業界で外国人労働者は増える傾向にあります。

現在、大家さん10人のうち約8人くらいが外国人とシニアを断っているのが現状です。

私は非常に勿体無いと思います。低所得層(年収300万円以下)で日本人入居者に拘るよりも、
むしろ門戸を広げてこの2者を取り込むのが、今後の賃貸経営において必要であると思います。
皆様も是非ご検討ください。

次回は、テナント系の「バレ話」をしたいと思います。

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年12月17日 (公開日:2016年4月29日)

和田 寛の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP