賃貸経営のバレ話‥何となくおかしい?は、結果的にやっぱりそうだったんだ。|和田 寛

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 賃貸経営のバレ話‥何となくおかしい?は、結果的にやっぱりそうだったんだ。

賃貸経営のバレ話‥何となくおかしい?は、結果的にやっぱりそうだったんだ。

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 和田 寛

賃貸経営と不動産投資をしてる専業大家です。個人と不動産管理法人で物件を所有しています。常コミュニケーションを大事にして、適度なテナントリテンションを実施しています。

今回は通常ネタではない、バレ話を書かせて頂きます。
本当に、ココだけのお話です。

えっ、愛人が連帯保証人‥

代々木上原の和田ビルの以前の入居者で、駅の反対側で宝石店をされていたオーナーさんのお話を書かせて頂きます。
契約時に「今は個人ですが、近いうちに法人に切り替えます。」とのこと。

当時は父がビルオーナーをしており、父は非常に頑固で賃料値下げなんてとんでもない!
「ここは代々木上原の特等地だから、いずれテナントが付く。」と言った典型的な
「昭和の大家さん」でした(笑)

以下は、父と私の会話です。

父:寛、決まりそうだ!駅下の宝石店らしい‥
私:それは良かったねぇ。ところで‥駅下の小売店がなぜ事務所を借りるのかな?
父:そんなことは、どうでも良い!話を詰めよう。
私:何か、嫌な予感がするな‥

数日後、管理委託している不動産屋さん来社される。

不動産屋さん:今回、入居者は当初は個人契約ですが、いずれは法人契約に変更する予定ですが、構いませんね。何か駅下で宝石小売をされており、業績好調につき事務所を構えたい意向のようです。

父、私:えっ、個人契約→法人契約に変更の時は、契約の巻き返しが必要じゃないの?
不動産屋さん:そうなんですが、今回入居者さんが強く要望されるので‥

父、私:暫くの間空いていたし、仕方ないか。

不動産屋さん:ありがとうございます。ところで‥連帯保証人なんですが従業員(女性)なんですが、役職は部長となっています。

父、私:ちょっと、ちょっと待ってよ!個人の場合、その人の親族が連帯保証人になるのが普通でしょう!それはいくらなんでも譲れないな!とりあえず今日は持ち帰って下さい。

後日、不動産屋さん〜連絡あり。

不動産屋さん:連帯保証人の件、実父にお願いする事になりました。
父、私:了解しました。

オーナー面接日

宝石店オーナー:駅下で5年前から宝石小売をしています。業績好調につき、今回事務所を貴社ビルに構えたいと考えています。賃貸契約は当初個人ですが、いずれは法人に変更したいと思います。

父、私:⭐️商売繁盛何よりデスねぇ〜♬弊社も良いテナントさんに入居して頂くとありがたいです。長い付き合いをお願い致します。

宝石店オーナー:こちらこそ、宜しくお願い申し上げます。

ところが、実際入居してみると‥

事務所らしい活動は一切なし、40代女性が毎日来るが午後5時には退社。

要は‥国税の査察逃れのダミー会社と愛人の‥

結局、更新するなしに退去となりました。

⭐️教訓
何となくおかしい?は、結果的にやっぱりそうだったんだと思う事が多いですね^^







 

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年12月17日 (公開日:2016年5月6日)

和田 寛の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP