賃貸借契約では使用目的・方法を明確に記載することが重要|弁護士法人ポート法律事務所

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
賃貸借契約書の注意点!原状回復や修繕の義務など|契約時のポイント 賃貸借契約編(2)

賃貸借契約書の注意点!原状回復や修繕の義務など|契約時のポイント 賃貸借契約編(2)

シェア
ツイート
LINEで送る

弁護士 弁護士法人ポート法律事務所

当弁護士法人は、「大都市において特定分野の専門性を追求する専門型法律事務所」と「地方都市における総合的な法的需要に応え得る地域密着型法律事務所」を設置してこれらをネットワーク化し、その相乗効果によって得られるメリットを依頼者の皆様及び社会に還元していくことを目的として設立されました。

賃貸借契約では使用目的・方法を明確に記載することが重要

事務所か店舗か、店舗であるとしてどのような店舗か、事前に使用目的・方法を明確にしていなかったことで、後々トラブルに発展するケースがあります。

例えば、喫茶店に賃貸した後に居酒屋に業態変更されたような場合、使用目的が「飲食店」とあるだけでは、用法違反といえるのか疑問が生じてしまいます。

酒類販売を避けたいとか、夜間営業を避けたいとか、賃貸人側の希望を賃借人にも伝え、それを事前に合意し契約書に明記しておくことが重要です。

 

公開日:2016年6月15日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

弁護士法人ポート法律事務所の記事

賃貸管理の記事

賃貸管理の新着記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP