「3代で資産ゼロになる」相続税と戦おう!|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
3代で資産ゼロになる相続税と戦う|首都圏近郊農家の「相続」と「不動産賃貸業」③

3代で資産ゼロになる相続税と戦う|首都圏近郊農家の「相続」と「不動産賃貸業」③

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

「3代で資産ゼロになる」相続税と戦おう!

 なぜ、こうしたことが頻繁に起こるのか考えたことはありますか?
 また、自分も同じ悩みや恐れを抱いているという方はいませんか?

 「相続」は、「予告なし」にやってきます。準備中なのに、その最中に起こってしまった方もあるでしょう。その場合は「お気の毒」と言わざるを得ません。しかし「相続税」という税が、「あるルールに従ってつけられた資産の評価の多寡に対して課税される税」である以上、今からそれに備えた対策を考えるべきです。
 
 被相続人が自ら様々考えるのはたいへんよいことです。農家の場合、家督相続的な相続となることも多いでしょう。ですから、後継者たるべき方と相談することは非常に重要です。

 また、逆に後継者の方が「相続税」の脅威に気づいたら、被相続人の方から「オレが早く死ねばいいってことかっ!」と叱責を受けても、「対策をとらないと家自体が消滅してしまうこともありうる」ことをよく説明して、一緒に考えてもらわなければなりません。

 マジ、即死する可能性が高いのです。
 
 

公開日:2016年9月5日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

相続 税金の記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP