賃貸物件に防犯カメラを設置、入居者のルール違反を抑制!|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←不動産賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 賃貸管理の強い味方!防犯カメラを賃貸物件に導入するメリット

賃貸管理の強い味方!防犯カメラを賃貸物件に導入するメリット

シェア
ツイート
LINEで送る

住宅設備 株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

賃貸物件に防犯カメラを設置、入居者のルール違反を抑制!

ゴミ捨て場でのゴミ捨てルール違反というものは非常に多く、ルール違反があった時、住民からの苦情は管理会社かオーナーに寄せられます。
 
中にはゴミ出しの時間帯にごみ捨て場に立って監視する方もいますが、複数物件を持っていたり、物件が自宅から遠い場合は監視もしきれません。
 
また、誰もいない時間帯にゴミを捨てられるケースも多い為、賃貸物件のオーナー(大家)自らがその場でずっと監視することは手間と時間がかかる割に、なかなか効果が出づらいものです。
 
また、ペット禁止の物件にも関わらずペットを飼ったり、契約人数以上の人が住み付いていたり、ルールを守らない人というのは意外に多く、住人がルールを守らないことは、その物件の秩序を乱す事につながり、様々な不具合を引き起こします。(そういったルール違反がある場所では、物がなくなったり、壊れたり、汚れたりすることが非常に多い)
 
防犯カメラには監視の効果と、録画の機能があります。
防犯カメラがついていることで、ルール違反をしづらい雰囲気を作り出すことができ、実際に違反があった際には鮮明な録画映像で犯人を割り出すことができます。
 

 

防犯カメラが賃貸物件のオーナー(大家)の管理業務を効率化する

賃貸物件にオーナー(大家)が住んでいる場合や、親類などの管理人が住んでいる場合、物件の管理業務や治安の維持は比較的容易に進むことが多いようです。
 
しかし、現地に管理人をおかず、物件から離れた場所に住んでいるオーナーも多く、いちいち事あるごとに物件まで行かなければいけないことが面倒だ、というケースも多いようです。
 
現在の防犯カメラには「遠隔監視機能」が備わっており、PCやスマートフォンで現地の防犯カメラ映像を見たり、再生できるようになっています。
 
遠隔監視機能を活用することで、現地の様子を行かずに把握でき、ゴミ捨て場の監視を自宅からおこなったり、ルール違反や不法投棄の証拠映像を自宅で再生することができます。
 
 

更新日:2018年4月25日 (公開日:2017年5月9日)

シェア
ツイート
LINEで送る

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP