大家さんにできる女性入居者を守る防犯対策とは?|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
防犯カメラで物件の資産価値向上&女性入居者に選ばれる賃貸へ

防犯カメラで物件の資産価値向上&女性入居者に選ばれる賃貸へ

シェア
ツイート
LINEで送る

住宅設備 株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

大家さんにできる女性入居者を守る防犯対策とは?

上記の様に、犯罪者は外見のわずかな情報でさまざまな「隙・油断」のシグナルを感じ取り、犯行に及びます。

しかし、そうはいっても敷地外壁を変えることは容易ではないし、部屋のカーテンの色や洗濯物、ぬいぐるみを置く場所などは入居者の趣味嗜好であり、オーナー(大家)がどうこうできることではないかもしれません。

そのため、「女性の一人暮らしで隙がある」と判断されても、犯行を実行されない様にする必要があります。

防犯対策のポイントは「みられている」「入りにくい」の2点です。

防犯カメラを設置することで、泥棒に「見られている・証拠が残る」と意識させ、犯行を諦めさせることができます。

また鍵や窓の強化は泥棒に「入りにくい」と判断させることができます。
最近の空き巣はベランダ側から侵入するケースが非常に多い為、ベランダ側のガラスを防犯ガラスにしたり、サッシの錠前に補助錠を追加するなどすることで、大半の泥棒は侵入不可能となります。

防犯機器での対策に加えて、清掃・整頓を少しこまめに行ったりすることで、管理意識が物件外見にもあらわれ、犯罪の起きにくい、治安のよい物件にすることができます。

また、防犯対策がしっかりされていることは、入居者にとって最も目に見えやすい安心材料となるはずです。
 

 

更新日:2018年10月19日 (公開日:2017年5月12日)

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

空室対策の記事

空室対策の新着記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP