どうして大家を|サラリーマン大家てつさん

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
定年後の生活費をどうするか? 有り余る時間をどうやって使っていくか?-元祖!?かもしれないサラリーマン大家のびぃんぼう録 1

定年後の生活費をどうするか? 有り余る時間をどうやって使っていくか?-元祖!?かもしれないサラリーマン大家のびぃんぼう録 1

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 サラリーマン大家てつさん

平成とともに歩んできた大家業ですが、道のりは平坦ではなく山あり、谷あり、快晴の日も、土砂降りもありました。 そして、いまだにサラリーマンと大家の二足のワラジを履いてます。 そんな二刀流人生を綴っていきたいと思ってます。

どうして大家を

サラリーマンの傍らで不動産投資を始めたのは、
定年後の生活費をどうするか? 有り余る時間をどうやって使っていくか?
ということからです。

しかし一番大きな理由は、
「毎日、毎月、何年も同じ繰り返しの生活で定年を迎えて、
たいした楽しみもなく人生を終えていくそんなのはいやだぁ」

ということかもしれません。
 
父は早くに、私が20そこそこで、亡くなりました。
父の死後、一家の家計を支えるには私や母が働かなくてはいけなくなり、
このとき、収入のすべてを給与に頼る危うさを身にしみて感じました。

また父が亡くなってから、
一つだけの収入に頼る危うさ、いくつもの収入源を持つ大切さを
母から何回ともなく聞かされました。

サラリーマンはほぼ100%給料に依存した生活となりますが、
賃貸収入というもう一つの収入源を手に入れることによって
生活に対しても、仕事に対しても余裕が生まれてきます。
 
そのようなわけで
平成元年に、東京都北区赤羽で1DKの新築マンションを手に入れて不動産賃貸を始めました。
 
まだまだバブルの名残が残っていて、新築1DK26㎡で3170万
 
自己資金を1000万ほど入れて、銀行からの2000万の融資をうけました。
 
程なく入居も決まって、
よし!今日から大家さんだぁ
 
と意気揚々で始めた賃貸経営ですが
そこは全くの右も左もわからないど素人で始めたこと
 
あれやこれや、たちまち次々に難関が立ちはだかってきました。

しかし、頭で理解した知識でなく
身をもって体験した、経験したことはしっかりと身についています。
その後の様々な場面でこれらのことが役に立つ事になってきます。

次回は、このズッコケマンション経営からアパートを新築するまでを書いておきます。

次ページ

公開日:2017年5月23日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

サラリーマン大家てつさんの記事

購入の記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンから出る異臭(臭い)を抑える簡単なやり方とは?大家さんでもできる異臭対策!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP