「相続大家」となって右往左往しながら泥縄式に取った行動と、その成り行きについてのつぶやき|相続大家・井原裕史

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム相続 税金のコラム > 「相続大家」となって右往左往しながら泥縄式に取った行動と、その成り行きについてのつぶやき

「相続大家」となって右往左往しながら泥縄式に取った行動と、その成り行きについてのつぶやき

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 相続大家・井原裕史

これまでの「相続大家」経験を踏まえ独断と偏見を交えたつぶやきをしてみたいと思います

永くサラリーマン生活を続けていますが、中年以降に突然、それまで父親が行って来た不動産賃貸経営を引き継ぐことになり四苦八苦!

そうこうする内に、まだ先のことだと思っていた相続問題が現実味を帯びて大慌て!!

泥縄式に行き当たりバッタリで「暗中模索」と「試行錯誤」を繰り返す中で垣間見えたコトがありました・・・・・!?

「二足のわらじ」大家さんの相続への取り組みは・・・!?

あいさつ欄にある通り、これまで永年サラリーマンを続けて40年超になります。
父親が不動産賃貸を経営してきましたが、私は無関心を決め込んで長い間に亘って任せ切りにしていました。そのツケが回って来たのが約15年前のことです!

父親はまだ健康上の問題は余りなかったのですが、意欲気力が減退したことから、突然、私が賃貸不動産の経営を担わざるを得ない羽目に陥りました。多忙なサラリーマンをしながらのことなので、「二足のわらじ」で賃貸経営を行うのに四苦八苦!!

一方、相続問題はまだ先のコトだと勝手に思い込んで(目前の現実を直視しないで逃げていたのが実情です)問題の先送りばかりしていましたが、ついに6年ほど前、父親からの相続を真剣に考えなければならない「相続大家」の事態になって大慌て・・・・・!!
 

「相続大家」の暗中模索と試行錯誤

相続となれば、先ず思いつくのは「相続税の問題」となります。

とにかく、税理士に相談しなければならないと考えたのですが、どのような税理士に相談したらよいのか「五里霧中」で、頭の中は文字通り「霧の中状態」・・・・!?

行き当たりバッタリでさまざまなセミナーや講演をハシゴして駆けずり回り、「暗中模索」と「試行錯誤」のドタバタを繰り返しました。
 

ドタバタ「暗中模索」で垣間見えたコト

税理士といっても、「法人税」や「個人所得税」などを得意とする専門家と、相続を専門とする「資産税」に強い税理士を分別して考えなければならないことを知ったのは、問題先送りを繰り返したツケが回って来た結果とも言える、ドタバタ暗中模索の最中でした・・・

実際に専門家と称するさまざまな税理士と体当たりで接触を繰り返しましたが、その過程で垣間見えて来るコトがありました。

次回のコラムでは、その垣間見えて来たコトについて、独断と偏見を交えながら少しつぶやきをしてみたいと思います。

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年12月11日 (公開日:2017年7月10日)

相続大家・井原裕史の記事

相続 税金の記事

相続 税金の新着記事

相続 税金の人気記事

すべての記事

新着記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP