リフォーム依頼、仕様変更、プチセルフリフォームどうなったか?|株式会社はじめの一歩不動産 川合博司

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
【第4歩】 問題「1年以上の空室が一部屋ある」⇒私が大家として行った空室対策とは?≪前編≫

【第4歩】 問題「1年以上の空室が一部屋ある」⇒私が大家として行った空室対策とは?≪前編≫

シェア
ツイート
LINEで送る

不動産会社 株式会社はじめの一歩不動産 川合博司

法人経営1年生、賃貸経営3年生、区分所有5戸のごく「普通」の人間です。 輝かしい学歴や実績がある訳でもなく、セミリタイヤ出来る程の賃貸経営でもない、こんな「普通」の人間だからこそお伝えできるコラムにしたいと思います。

リフォーム依頼、仕様変更、プチセルフリフォームどうなったか?

 

退去立ち合い後、私が最初に思った事。それは…

 

「そうだ!良い機会だから全てセルフリフォームしてみよう!!」

「壁紙張替、床材交換、水回りをグレードアップ、それから…」

 

結果、プチセルフリフォームに落ち着きました(笑)。

判断理由は3点。

 

(1)  リフォーム見積もりを数社に依頼してリフォーム箇所と単価を把握。

(2)  自分で行った際の材料費・調達道具費や時給計算などと比較。

(3)  そして大事な事は自分のリフォーム技術力量を推測。

 

単純に『費用対効果』の算定から

プロに任せるのが一番

との結論に至ったのです。

 

趣味などで精通している方や、仕事である程度関わっている方ならいざ知らず

ずぶの素人でかつ事業規模もまだまだ小さい私がおこなえば

火を見るよりも明らかな惨状が待っている、と判断しました。

 

『餅は餅屋』の格言がありますが

私も賃貸経営の一部はプロに任せるのが一番と思っています。

 

では、実際に私の行った対策やプチセルフリフォームの内容については

次回≪後編≫にて写真付きでお伝えさせて頂きます。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました。

このコラムが皆様の賃貸経営の一助となりましたら幸いです。

公開日:2017年8月22日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

株式会社はじめの一歩不動産 川合博司の記事

空室対策の記事

空室対策の人気記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP