ファイナンシャルプランナーが教える!一次相続と二次相続の違いとは?|ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
ファイナンシャルプランナーが教える!一次相続と二次相続の違いとは?

ファイナンシャルプランナーが教える!一次相続と二次相続の違いとは?

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

コンサルタント ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄

ファイナンシャルプランナーとは、「金融」「リスクと保険」「不動産」「税金」「相続・事業承継」「ライフプランニング」と幅広い金融知識を活用しながら、資産管理や運用のアドバイスを行うアドバイザーです。専門分野とお客様を適切に結ぶコーディネーターとして活動をしています。

相続に関する相談をよくお受けしますので、皆さんに知っておいていただきたいことをここで共有していきます。

一次相続と二次相続の違いをご存知でしょうか

違いが分からないで困っているご相談者もいらっしゃれば、違いが分かっていたのに手を全く打たずに手遅れになってしまったというご相談者もいらっしゃいます。

一次相続は両親のどちらからが亡くなって、配偶者と子供が相続人になる場合のことです。二次相続は、一次相続後に残された配偶者も亡くなった時の相続を指します。

一次相続の特色は、大幅な税額の軽減や無税になる特典がある配偶者に対する優遇措置が使える点です。ここでいう優遇措置とは、“配偶者の税額軽減措置”と“小規模宅地の特例”を指します。
 

配偶者の税額軽減措置

配偶者が相続する財産の課税価格が1億6,000万円以下

・取得財産の課税価格が法定相続分以下

のいずれかに該当する場合、配偶者の税額軽減が適用され相続税がかかりません。
 

小規模宅地の特例

小規模宅地の特例とは、自宅不動産の相続税評価額が減額になる制度です。亡くなった方が自宅として住んでいた宅地に相続人も同居していて、引き続き居住する場合、一定面積以下なら、その土地の相続税評価額から最大80%を減額できる特例です。簡単にまとめますと、

(相続前の用途)

亡くなった人が自宅または、事業用として利用していた宅地であること。

(相続後の利用状況)

相続人が同居していて、相続後も継続して住むこと。

(土地の面積の上限)

・自宅用の土地…面積が330m2(約100坪)まで

・事業用の土地…面積が400m2(約120坪)まで

公開日:2017年9月6日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄の記事

相続 税金の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP