これからの賃貸経営の考え方 入居者ニーズを知り特色あるオンリーワンの賃貸物件を経営することの重要性|新井 惠

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム賃貸管理のコラム > これからの賃貸経営の考え方 入居者ニーズを知り特色あるオンリーワンの賃貸物件を経営することの重要性

これからの賃貸経営の考え方 入居者ニーズを知り特色あるオンリーワンの賃貸物件を経営することの重要性

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

不動産管理 新井 惠

ビルメンテナンス業から賃貸住宅管理にかかわらせていただいています。不動産管理のなかでも違った視点から、賃貸経営について書かせていただきたいと思います。

これからの賃貸経営は、時代の潮流に合わせて新たなことを駆使しながら、賃貸経営を考えていかなければ、賃貸物件があれば入居者が決まる時代ではないということです。そこで、特色ある賃貸物件を考えることが大事なことで、そのコンセプトはオーナーさんの考え方にあり、どのような賃貸物件にすれば入居者に気に入ってもらえるかを考えることが賃貸経営がうまくいくかどうかの分かれ目でもあるのです。

賃貸経営の新たな潮流

婦人服などのアパレルメーカーが次々に潰れていっています。

消費が低迷していることと、製造小売りの安い海外の商品が入ってきたり、通販などで簡単に手に入るようになってきたことから、今までのような普通の婦人服を出しているメーカーの小売りの販売方法ではやっていけなくなったということです。

旅館業にしても有名な大型の老舗旅館が潰れていくし、安売りのホテルチェーンの傘下に入って生き残るといった選択肢の中で、時代の変化にどのように対応していくかを考えていかなければ商売は持続できないのです。

賃貸経営において、賃貸物件は商品であり入居者は消費者であります。
消費者に気に入ってもらえるような商品である賃貸物件でなければ、今までのような賃貸物件があれば入居者が決まるというような時代ではなくなったということが言えます。


ここらで、賃貸経営も時代の潮流を見越して、新たな手を考えていかないと時代は変化しているのに、今までのようなやり方を維持していけば経営が成り立つというような考えから早いうちに切り替えることが必要です。
 

入居者ニーズを知る

満室にならないのでまず考えることが家賃設定の見直しです。
次に、家具家電付きやインターネット無料などの特化性を打ち出すということです。


しかし、家賃を下げたからといって利益が確保できなく、その分、最低限必要な不動産管理の資金が捻出できなければ維持管理することが難しくなってきます。

だから、安易に家賃設定の見直しだけを考えたとしても、それによって建物に魅力がなくなってしまえば家賃を安くすればいいというだけでは解決しないのです。

家具家電付きなどの特化性にしても、周りの所で同じようにやりだせばそれによって優位に立つことはできなくなってしまいます。

ここらで賃貸経営についてしっかりと考えなければ、賃貸物件があれば入居が決まったという時代ではなくなったと早く気がつくべきです。

内見があってもちっとも決まらないというのは、そこには入居者ニーズにそぐわない何かがあるからです。

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年11月23日 (公開日:2017年9月13日)

新井 惠の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP