これからの賃貸経営は住環境の整備~入居者、管理会社とのコミュニケーションをとりながら賃貸経営を考える~|新井 惠

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
これからの賃貸経営は住環境の整備~入居者、管理会社とのコミュニケーションをとりながら賃貸経営を考える~

これからの賃貸経営は住環境の整備~入居者、管理会社とのコミュニケーションをとりながら賃貸経営を考える~

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

不動産管理 新井 惠

ビルメンテナンス業から賃貸住宅管理にかかわらせていただいています。不動産管理のなかでも違った視点から、賃貸経営について書かせていただきたいと思います。

入居者に快適な住まいを提供して、入居者に長く住んでもらって、経営者と入居者が一体となって、ここに住んで良かったと感じてもらうことこそ、これからの賃貸経営のあり方なような気がします。経営者にとって入居者は消費者でありお客さんであることには間違いないのですが、借主は借主なりのルールを守ってもらうことで、みんなが住みやすい環境が守られるのだと思います。

借主のルール

賃貸経営はサービス業であり、入居者のためにあると言っても過言ではありません。

お客様は神様ですという言葉がありますが、賃貸業は入居者というお客様があってのものであるということには間違いありません。

しかし、お客様は神様だからといって何でもありということではないのです。
つまり、入居者にはそこのアパートに住むにあたって、住む上でのルールを守ってもらうということが、みんなが気持ちよく長く住んでもらうための必要条件です。

他人に迷惑をかけない。自分勝手な振る舞いをしない。お互い様の精神でみんなと仲良くする。

これらのことは、賃貸アパートに住むだけではなく、社会に生きる上での人間としての常識的な生き方でもあるのです。

共同生活をするにあたっての条件

私どもが関わっている不動産会社において、笑顔の挨拶運動を入居者の皆さんに推奨しています。
これは、入居者のみんなが挨拶し合うことで、社会生活におけるマナーを推進できると考えてのことです。


せっかく、同じアパートなりマンションで共同生活を営むのであれば、入居者同士みんなが助け合い幸せになってもらえればと考えてのことです。

賃貸業は金儲けだけの経営事業ではありません。
社会環境なり地域に貢献できる商売なのです。

商売であるから利益を生まなければならないのですが、その利益は社会における還元を生むものでなくてはならないのです。

したがって、ここに住んで良かったと思ってもらえるように賃貸経営者は努力し、入居者は一定のルールを守るように努力することで、みんなが幸せになってもらうということが賃貸業の役目であると思います。

次ページ

更新日:2018年8月8日 (公開日:2017年11月20日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新井 惠の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP