「戸建て賃貸の投資術⑨」まずは競売書類を見てみよう!|株式会社ワンマンバンド 坂田憲一

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
「戸建て賃貸の投資術⑨」まずは競売書類を見てみよう!

「戸建て賃貸の投資術⑨」まずは競売書類を見てみよう!

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 株式会社ワンマンバンド 坂田憲一

ワンマンバンドは「いちサラリーマン大家の片手間の副業」から徐々に段階を経て発展してきました。僭越ですが、その中で得た経験やノウハウなどを書いていこうと思います。これから大家さんを目指す人、大家さんとしてどんどん物件を取得中の人、その中で一攫千金ではなく、着実に(長期で大きく)財産を築いていきたい方々の少しでもお役に立てればと思っています。

競売をやってみる、と言っても何から手を付けていいかわからない。最初はみんなそうですね。
そんな人は、まずはインターネットを立ち上げてBITサイト(不動産競売物件情報サイト)を見てみましょう。

「戸建て賃貸の投資術⑨」まずは競売書類を見てみよう!


競売物件には、それぞれ3点セット、という物件資料が用意されています。
 
「物件明細書」
「現場調査報告書」
「評価書」

 
どこの裁判所でいつ競売をやっているのか。
どんな物件が競売に出ているのか。
それぞれの物件の詳細は?
 
BITを見れば、それらがすべてわかります。
 
 

 
競売書類がインターネットで閲覧できるようになったのは、結構最近の話です(どこの地裁のものでも見られるようになったのはつい3~4年前)。それまでは、競売資料を見るためには、高いお金を払って専門情報誌を購入するか、各地の裁判所までわざわざ足を運び閲覧室で資料を見るか、の二通りしかありませんでした。
 

当時の地裁の競売書類閲覧室は、怖い人、汚い恰好をした人、背広を着ておどおどした人、など、「人種のるつぼ」といった状態を呈しており、おいそれとトーシローが足を踏み入れられない雰囲気が漂っていたものです(今もあまり変わらない?)。
 
しかし
 
あなたは今、それらの貴重な情報を、自宅のデスクに座っていながら全て閲覧することができるのです。
 
しかもタダで!
 


本当に便利な時代になったものです。
ちなみに本日(11月23日)時点で閲覧可能な競売物件数は、全国で2070件!です。
 

 

そしてこの競売資料、いろんなことを言う人がいますが、はっきり言って「とても詳しく、役に立つ」素晴らしい情報です。
 
 
ワンマンバンドでは、一般市場での買取、任売物件の買取、なども行っていますが、「競売書類レベル」の物件情報を、それらの取得ルートで手に入れることはかなり困難なのが現実です。
 
競売って怖いな、と思っているあなた。いやいや、競売ほどきちんと物件情報が明らかにされている不動産物件は、(少なくとも検討の最初の段階では)めったにないのですよ。
  
ただし、いろいろ書いてありますが、内容についてはそれが間違っていても裁判所は責任を取ってくれるわけではありません。あくまで自己責任、です。
 
 

 
 
BITを見ると、全国であまりにいろいろな物件が競売にかかっていることに驚くかもしれません。
それからそれらの物件の「売却基準価格」の安さ、にも。

 

「売却基準価格」は、裁判所が決めた、その物件の入札の基準となる価格です。ちょっとこぎれいな一軒家で200万円とか300万円とか。中には数十万円の物件も結構見つかります。
 

しかしこれはあくまで「基準価格」。競りは、まあ行ってみればここから始まるわけで(最低落札可能価格は基準価格の80%ですが)、基準価格で落札できるわけではありません。たいていは、落札価格はもっとずっと高くなります。
 



 
とはいえ落札価格は物件によってまちまち。入札しなければ落札することもありません。
 
「どんな物件があって、競売書類にはどんな情報が記載されているのか」、まずは興味がある物件の競売書類をじっくり見ることから始めてください。
 
「こんな物件が買えるかもしれないなんて!しかもこの値段で!」あなたの期待感は、否が応でも高まっていくに違いありません

 

更新日:2018年8月19日 (公開日:2017年11月23日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

株式会社ワンマンバンド 坂田憲一の記事

購入の記事

購入の新着記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP