物件総額440万円で仕上げるためには?|G.Sakamoto

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
【第13話】10月に購入した津久井築古戸建 その3(買付編)

【第13話】10月に購入した津久井築古戸建 その3(買付編)

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 G.Sakamoto

東京多摩在住のサラリーマン大家です。 本格的に大家業を開始して丸1年経った所なので経験は浅いですが、これから賃貸経営を考えている方々の1歩を踏み出せる情報を発信していきたいです。 主に今まで私自身が色々な先輩大家さんと出会って学んだ事、仲間に手伝ってもらい助けてもらった事、自分の考え方の変化などを書いていきます。

物件総額440万円で仕上げるためには?

前回のコラム
【第12話】先月購入した津久井築古戸建の話 その2(内見編)
https://www.chintaikeiei.com/column/00001086/2/
にも書きましたが、私の考えとしては総額440万円(物件で400万円)がこの物件の上限金額となります。

そこから裏の崖の物置撤去費用やフェンスの新規設置、建物のリフォーム費用などを計算していきます。
建物は床の補強やクロスの張り替え、浴室のタイルが剥がれているのでその修繕費用やエアコンも1室しか付いていないので他の部屋に新規で電源を設置するなどの電気工事なども必要になってきます。

私はブログにDIYの事を書いているので皆さんに勘違いされやすいのですが、仲間とやるDIYは好きですがDIYはあまり得意ではないので貸し出すまで多く見積もって150万円程度かかるかな?という感じでしたので、250万円を上限価格として交渉する事に決めました!
 

実際の買い付け金額と売買価格ははたして…?

250万円という上限金額を決めましたが、元々の販売価格が450万円なので250万円で買い付けを入れても押し戻される(上乗せされる)可能性がありますので240万円で買い付けを入れようと考えました。

ただ親族の家にお引越しをされると事前に伺っており家財道具が大量に残る事を考えて、事前に営業さんとお話をして2パターンの買付証明書を入れる事にしました。

1.室内の残置物をすべて撤去してもらい240万円で購入
2.いらない物は全部置いて行って構わないので215万円で購入

残置物に関しては私の本業がごみ収集の仕事をしているので、ある程度の荷物を残されても25万円位で何とかなるかな?という部分で
1番で押し戻されて250万円で購入出来たらいいな?位で考えていましたが

営業さんが交渉を頑張ってくれた事もあり
結果は?


2番目、215万円の買い付けが押し戻されず通りました!
\(^o^)/


これで私の4軒目の賃貸(予定)戸建が決まりました!

余談になりますが、引き渡し後残置物は予想ほど残っておらず自分で2日かけて焼却場に粗大ごみで持ち込み全部で2万円ほどで処分出来ました。

物置も私一人では厳しかったですが、仲間に手伝ってもらって解体しました。

物件の方は段取りで色々と失敗していますが職人さんに入ってもらったりして、来年の繁忙期に向け入居者さんを入れる為にリフォームと下準備をしています。

また、今回この物件で初めて地元信金で融資を受ける事が出来ました(日本政策金融公庫は1軒借りてますが…)ので次回はその辺について書いて行きたいと思います。

今回も最後までお読み頂きましてありがとうございました!
 

公開日:2017年11月29日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

G.Sakamotoの記事

購入の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP