2018年春 不動産融資最新状況~投資家がすべき、融資が厳しくなった今だからやるべきこと~|本郷 武

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
2018年春 不動産融資最新状況~投資家がすべき、融資が厳しくなった今だからやるべきこと~

2018年春 不動産融資最新状況~投資家がすべき、融資が厳しくなった今だからやるべきこと~

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 本郷 武

グロバール企業のサラリーマンとして働きながら不動産、株式投資を実践。実家の戸建てを賃貸したことから不動産による安定収入を知り、現在は東京都内、首都圏を中心に新築アパート、マンション、中古アパート、7棟70室を所有。

完全に不動産融資の風向きが変わった「今」何をするべきか!
融資が厳しくなった今だからやるべきことが、今でも融資を受けている
投資家はどのような投資家の特徴があるのかを紹介しています。

融資状況は日々めまぐるしく変化する!

3月異動の時期ですね。金融機関も支店長以下、担当者も異動する時期になります。
私はこの時期、金融機関とは頻繁に連絡を取ります。
金融機関と情報交換をするなかで1年前とは融資の状況が大きく変化したことを
肌で感じています。
これまでイケイケだった○ル○銀行、○葉銀行、○浜銀行など軒並み融資に
慎重になりました。


支店長曰く、「新規の顧客に対しての融資は厳しくなった」とのこと。
投資家の間で囁かれていた、「新規金融機関との取引は1日も早くした方が良い」
的中したことになります。
 今回の融資引き締めでも、すでに取引があり、財務内容が良い投資家には
継続的に融資しています。

金融機関の慎重な姿勢は今後も続くと予想しています。
理由は金融庁の指導にあります。
金融庁は銀行に対して業務停止の権限を持ち絶大な力があります。


金融庁から金融機関に指導があった後では、全く状況が変わりました。
実際に銀行員から「しばらく大人しくしなければなりません」とコメントが多くありました。
同じ規模の資産背景、属性の友人2人を金融機関に紹介しました。
先月融資相談をした友人は融資承認がおりたのに、
今月、融資相談をした友人は相談の入口で断られたケースがありました。
日々厳しくなっていることを感じます。
 
融資と不動産投資は密接な関係があります。
「融資を制すものは不動産投資を制す」とも言われています。
ではすべての金融機関が駄目になったのか?
実際は違います。

金融機関は支店長の考え方で大きく異なります。
当然ながら同じ金融機関でも支店が異なれば全く異なります。
投資家の仲間から情報や地道に支店をあたり行動を起こして
融資承認を取った友人もいます。
「あ~、あの時から不動産を始めていれば良かった」と
過ぎ去った日々を悔やむのではなく、目標に対して期限を設定して
今後どのように融資の組み立をするのかを考えて実際に行動することが大切です。
ここで行動するのか、しないのかでは5年先10年先に大きな違いが生まれてくる
感じています。

釈迦に説法かと思いますが、
圧倒的な結果を出している投資家は圧倒的な行動をしている方々です。

最後までお読み頂きありがとうございます。
 

更新日:2018年9月24日 (公開日:2018年3月13日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

本郷 武の記事

金融 保険の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP