知っておくべきリフォームの税金!リフォーム内容によってはすぐ経費に出来ない?修繕費と資本的支出の差異|税理士法人スターズ 藤井幹久

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
知っておくべきリフォームの税金!リフォーム内容によってはすぐ経費に出来ない?修繕費と資本的支出の差異

知っておくべきリフォームの税金!リフォーム内容によってはすぐ経費に出来ない?修繕費と資本的支出の差異

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

税理士 税理士法人スターズ 藤井幹久

私たちは「不動産と相続」に特化した専門家集団です。不動産を所有している個人と法人を対象に、税理士業務と不動産・相続対策コンサルティングを行っています。相談件数10,000件以上の実績がある税理士が中心となり、士業やコンサルタントとともに、問題解決のサポートをしています。

そろそろうちの物件もリフォームをしようかな?なんて考えている大家さんも多いことと思います。
 しかし、賃貸物件をリフォームしたからといってそれが必ずしもリフォームをした年の経費(必要経費や損金の額)にならないことはご存知でしょうか。
 今回は、そのリフォームと税金の関係について解説します。

修繕費と資本的支出の違い

 賃貸物件に行った修理・改良等のリフォームの支出は、その性格から二つに大別することができます。
 それが、修繕費と資本的支出です。
 先ずは大まかなイメージで捉えましょう。
修繕費は、支出年分の経費に全額計上されるものです。
それに対し、資本的支出は、固定資産として計上し、減価償却という処理により何年かに渡って経費に計上されます(つまり、即、経費というわけにはいきません。)。
このように税務上取扱いが分かれてしまうのです。
 それでは、どんな支出が修繕費または資本的支出になるのでしょうか。
 

修繕費とは?

修繕費とは、固定資産の修理・改良などのために支出した金額のうち、その固定資産の通常の維持管理のため、又は災害などにより損傷した固定資産につき、その原状回復に要すると認められる部分の金額をいいます。
つまり、維持管理や元通りに戻すための費用です。
 具体例としては、通常の外壁の塗り替え、汚れた畳の表替えなどが挙げられます。
 

資本的支出とは?

 資本的支出とは、固定資産の修理・改良などのために支出した金額のうち、その固定資産の価値を高め、又はその耐久性を増すこととなると認められる部分の金額をいいます。
 つまり、賃貸物件のパワーアップをさせるための費用です。
 具体例としては、建物の避難階段の取付けなど物理的に付加した部分にかかる費用、用途変更のための模様替えなど改造又は改装に直接要した費用などが挙げられます。
 

更新日:2018年8月20日 (公開日:2018年4月20日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

税理士法人スターズ 藤井幹久の記事

相続 税金の記事

相続 税金の新着記事

相続 税金の人気記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP