なぜヤミ民泊で犯罪が起きるのか?|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
アパート・マンションでの無許可の民泊で起こった犯罪(死体遺棄事件)~闇(ヤミ)民泊事件簿~~|防犯カメラで早期対策を!

アパート・マンションでの無許可の民泊で起こった犯罪(死体遺棄事件)~闇(ヤミ)民泊事件簿~~|防犯カメラで早期対策を!

シェア
ツイート
LINEで送る

住宅設備 株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

なぜヤミ民泊で犯罪が起きるのか?

上記の事件はヤミ民泊で起きており、外国人宿泊者の旅券のコピーの提出義務はなかったようです。

ヤミ民泊で起きている犯罪事例としては、殺人・婦女暴行・盗撮・詐欺グループのアジト・麻薬の密輸などがあり、罪種を見る限り、かなり凶悪な犯罪が発生しやすい印象です。

また、その他のトラブルとして、各地で騒音・ゴミ捨てルールの違反・器物の破損なども起きているようです。

ヤミ民泊での犯罪の本質的な原因は「身元確認の緩さ」「低価格」の2点のようで、犯罪者に「身元を隠して低コストで確保できるアジト」と認識されているようです。

実際に上記の事件で捜査関係者は「容疑者が外国籍だったことや、都心部で人の出入りが特定しづらい地域事情なども重なり、容疑者の足取りや現場の特定に時間がかかった」と話していることから、環境や手口次第では、事件の発覚が極端に遅れたり、犯人の特定ができない可能性もあります。
 

所有する賃貸物件がヤミ民泊になることはあるのか?

賃貸物件の大家になるのには物件を購入するなど相当な資力が必要なのに対し、ヤミ民泊の事業は、宿泊客を募るウェブサイトはほとんどお金がかからず、複数の賃貸物件を契約し、それを宿泊施設として又貸しする事で、低コストで大家業が成り立ちます。

また、普通のサラリーマンが引っ越しをする際に、契約更新までは元の部屋をヤミ民泊として貸し出し、自分は新しい部屋で生活をする、ということも理屈上可能です。

外国人に人気のエリアから離れれば離れるほど、身元確認などのハードルを下げて、宿泊費も安くして入宿泊を募る傾向がある為、そこを犯罪者に狙われてしまいます。

このような事情を考えると、副業や小遣い稼ぎのために、いつの間にか賃貸物件でヤミ民泊が営まれ、そこで犯罪やトラブルが発生する可能性は、どこにでもあるといえます。
 

公開日:2018年4月29日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP