似ているようで似ていない不動産投資信託(REIT)|ゆったり犬

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
似ているようで似ていない不動産投資信託(REIT)

似ているようで似ていない不動産投資信託(REIT)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

投資家 ゆったり犬

都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。 アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。 人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。

私のコラムを読んでいただいている方の多くは、おそらく不動産投資に興味がある方でしょう。
だったら、これを扱わないわけにはいかないですよね。
不動産投資信託(REIT)を

不動産投資信託(REIT)とは何ぞや

リートとは、日本語では「不動産投資信託」と言うように、多くの投資家様から集めた資金で多数の不動産を所有し、そこから得られる賃料収入を投資家の皆様に分配する投資信託です。

不動産への投資は通常とても大きな資金が必要です。

ひとりでそれを行なうのは非常に困難ですが、リートは、多くの投資家様から資金を集めることで、それを実現できています。ですので、1人あたりが投資する資金は小さくてすみます。

それから、リートが投資する不動産の選択は、不動産のプロが担ってくれています。
しかも複数の不動産への投資ですので、プロによってリスク分散効果が働いている商品という意味での安心感があります。

ちなみに、日本のリートはJAPANの頭文字のJをつけて「Jリート」と呼ばれています。

それぞれの「投資対象」については、直接的であれ、間接的であれ、不動産への投資という点は同じですが、厳密に言うと、リートは不動産に投資している会社(専門用語で『投資法人』と言います。)が、発行する証券に投資をしていることになります。

次に、投資の見返りとしてもらえる収入である配当(リートの場合は分配)の原資については、いずれも賃料収入が中心です。不動産への直接投資の場合は、売却益を狙った投資が主という方もいるでしょう。また、不動産株への投資ですと、不動産の仲介手数料も配当の原資になったりもします。

そして、一番大きな違いがあるのが、税金についてです。
不動産株とJリートでは、法人税の扱いが異なっており、実はこれがリートの分配金利回りが比較的高い理由になっています。(こちらについては次回以降のコラムで詳しく説明します!)ちなみに、不動産への直接投資ですと、保有している時には固定資産税がかかったり売却益には所得税もかかります。

つまり、リートは不動産投資に興味があって、少額からスタートしたい方にうってつけの商品なのです。

公開日:2018年5月1日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

ゆったり犬の記事

金融 保険の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP