「に」と「が」では、かなり違うぞー。|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
大家さん「に」用がある人?大家さん「が」用がある人?不動産賃貸事業に関わる人を見分ける力~大家やるなら、これ気をつけなはれぇ!~

大家さん「に」用がある人?大家さん「が」用がある人?不動産賃貸事業に関わる人を見分ける力~大家やるなら、これ気をつけなはれぇ!~

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

「に」と「が」では、かなり違うぞー。

 ところで、こちらにその気があまりなくても、むこうが「この人なら買うんじゃないか?」と思った人のところには、頼みもしないのに「相続対策には最適です」とか「好利回りが期待できます」とかいういろいろな営業マンが押し掛けてきます。(「利回り」はダメらしいですねぇ。でも、話しことばじゃ「」か「」かわかんないよね)
 この人たちが、大家さん「に」用がある人たちです。
 彼らは、一生懸命に営業をかけて、大家さんに気に入ってもらい、購入する意志を固めてもらうことや、金融機関の融資がスムーズに可能になるように途を作ることが社命ですから、そりゃぁ頑張ります。
 
 また違う種類の人がいます。
 大家さんの方におぼろげながらでも、「『どこに』『どれくらいのスケールで』『このくらいの予算で』『年間のCFがこれくらい出る』物件があったらいいなぁ」というイメージがある時に、大家さんの方から声をかけると現れる人たちです。それが、大家さん「が」用がある人たちです。

 さて、大家さんはどちらの人に対して比較的「主導権をもって」話を進められるでしょう?
 
 でも、この答はステレオタイプには出ないのですよ。
 「に」の人でも丁寧に話を聞いてくれ、大家さんの意向になるべく添おうとしてくれる人はたくさんいますし、そのなかで、大家さんもしかるべく研究して判断すればよい結果が出ることもあります。
 逆に、「が」の人でも、個人のスキルや情報量が不十分で、大家さんの意向が上手に汲み取れない場合もあります。
 

公開日:2018年5月25日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

購入の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP