思うところ23.「いざ、鎌倉」 ~お客様の一大事には、「いざ、鎌倉」の気持ちで駆け付ける心意気を大切にしたいものですね。~|オフィスランディック株式会社 代表取締役 齋藤裕

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
思うところ23.「いざ、鎌倉」 ~お客様の一大事には、「いざ、鎌倉」の気持ちで駆け付ける心意気を大切にしたいものですね。~

思うところ23.「いざ、鎌倉」 ~お客様の一大事には、「いざ、鎌倉」の気持ちで駆け付ける心意気を大切にしたいものですね。~

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

不動産会社 オフィスランディック株式会社 代表取締役 齋藤裕

スタッフが 30 分以内に急行できるエリアを重視する地域密着型の不動産会社代表。営業エ リアの絞り込みは、良質なサービスを提供する為の「選択と集中」であり、建築業界で言う ところの「多能工」を自負する。

私は、不動産会社の心意気として「いざ、鎌倉」という言葉が好きだ。謡曲「鉢の木」は、私の中学生時代に教科書(古文)で読んだものと記憶している。創作話と判っていながらも鎌倉武士の質実剛健なる忠義心を見事に表現しており話の展開に胸を打たれた。
顧客に何かあったら、馳せ参じよう。普段は目立たなくても良い。その気持ちを大切にしたい。

思うところ23.「いざ、鎌倉」

私は、不動産会社の心意気として「いざ、鎌倉」という言葉が好きだ。謡曲「鉢の木」は、私の中学生時代に教科書(古文)で読んだものと記憶している。創作話と判っていながらも鎌倉武士の質実剛健なる忠義心を見事に表現しており話の展開に胸を打たれた。
顧客に何かあったら、馳せ参じよう。普段は目立たなくても良い。その気持ちを大切にしたい。

「いざ、鎌倉」の気持ちを大切にしているからこそ、とても心残りの案件がある。小さくとも都心の超一等地に佇むその建物前を通る度に当時を思い出し、ビル名が変わってしまった看板を見て少し切なくなる。

バブル崩壊後、銀行の「貸し剥がし」が社会問題にまでになった金融危機の頃である。ある日私と同世代と思われる男性から電話連絡が入った。「父が以前世話になった。不動産のことで助けて欲しい。」それは、以前取引のあった資産家のご子息だった。
お父様は病気で亡くなられたという。だが、私の手腕は知らないところで評価されていた。思い起こせば私が売却した父上のアパートは、借地権付建物(共同住宅)で底地権が大蔵省(現財務省)であり、手続きも煩雑であった。満室稼動で賃借人が多いから貸主変更の手続きも手際の良さが求められ、戸建・マンションの単純売却とは仕事量が全く異なる。また、契約する前に譲渡承認の手続き完了を求める関東財務局と譲渡承認を停止条件として契約手続きを優先する当方の主張で火花を散らし、関東財務局で譲渡承認を得たその場で国有地払い下げも同時処理する前代未聞の契約をやってのけた。顧客の利益を第一に、お上をも恐れず戦うその営業姿勢を父上は好感をもって見ていてくれたのだと思う。

だが、「いざ、鎌倉」の気持ちで駆け付けた時には、全て銀行に外堀を埋められていた。残念ながら私は弁護士ではない。強いて言えば、もう少し早く相談(召集)して欲しかった。滞納もしていないのに銀行に言われるがまま資産を投げ売りする必要は無かったはずだ。
因みに、「貸し剥がし」とは、不景気の時に金融機関が自己資本比率を確保(改善)することを優先して、貸付先の経営に大きな問題が無いにも拘らず、融資を強引に引き上げることだ。時として資本力の乏しい零細企業においては倒産の引き金にもなる。「銀行は晴れの日には傘を貸すが、雨が降ったら傘を貸さない」とは言い得て妙だ。

ところで、「鉢の木」の話で私が作者ならば少し手直しをしたい箇所がある。その没落武士が、貧しくとも「その時」の為に馬を手放さなかったことは立派であるが、道中二度も倒れる痩せ馬(車で言うと「整備不良」)であった。到着した時には鎧は千切れ、長刀は錆びていた。そもそも没落した原因が一族の者に所領を乗っ取られたことにあるのはリーダーの統治能力としては問題があると思う。忠義を尽くすならば、いち早く鎌倉に到着することのみが目的ではない。戦力とならなければいけないのだから、主人公は痩せてはいても鍛え上げられた筋肉質であって欲しい。馬は主人が耐え忍んで食を分けたことで適度に肥えていて欲しい。常日頃から武器を磨いていて欲しかった。だから、鎌倉(五代執権北条時頼)から召集された時、痩せ身でも凛々しい主人公を乗せた良馬が疾風のごとく現れて、粗末でも手入れの行き届いた鎧に名刀ではないが光り輝く長刀を見せて欲しかった。

不動産会社も「心意気」のみで早く駆け付けても役には立たない。敵に打ち勝つ前提ならば、刀は錆びていてはいけないのだ。日本人が好む精神論に欧米人の合理主義を融合させて考えた方が良い。
不動産会社にとって、「知識」や「経験」が武器だというならば、やはり常日頃からそれを磨いておかねばなるまい、「その時」の為に。

公開日:2018年6月1日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

オフィスランディック株式会社 代表取締役 齋藤裕の記事

相続 税金の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP