賃貸経営は入居者に幸せを提供するもの~入居者の満足度を上げるためにどうすればいいか~|新井 惠

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
賃貸経営は入居者に幸せを提供するもの~入居者の満足度を上げるためにどうすればいいか~

賃貸経営は入居者に幸せを提供するもの~入居者の満足度を上げるためにどうすればいいか~

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

不動産管理 新井 惠

ビルメンテナンス業から賃貸住宅管理にかかわらせていただいています。不動産管理のなかでも違った視点から、賃貸経営について書かせていただきたいと思います。

賃貸経営を考えたときに大家さんは煩わしい作業などは不動産管理会社に任せて、収益を得ることを考えます。賃貸経営は他人まかせですべて行って、大家さんは利益を得るだけといったような簡単なものではありません。すべてをアウトソーシングで行い、経営のイロハも分からないでまかせっきりであれば、賃貸経営はそんなに甘いものではないのです。花を咲かせるにしても種をまいて終わりではなく、手を尽くして水をやり育てなければならないということと賃貸経営は同じなのです。賃貸経営は入居者に幸せを提供するものであるといった考え方から、大家さん自身が賃貸物件を育てていってみませんか。

入居者の満足度を上げる

賃貸経営は誰のためにあるかということを考えた場合、賃貸経営は入居者のためにあります。

わが社のような賃貸管理会社は、オーナーさんである大家さんのために働いているのですが、大家さんに代わって賃貸経営を行ったとしても、入居者が第一にあるといった考え方です。
そうでなければ賃貸経営は成り立たないと思うからです。

賃貸経営は、入居者であるお客様が求めるものを提供するといった、いたってシンプルな考えなのです。

投資家はすぐに収益のことを考えがちですが、入居者がそこに住んで良かったと思ってもらえるように賃貸経営を考えなければ収益は生まれてこないからです。

ですから、賃貸経営とは何かを考えるには、入居者の満足度を上げるためにどうすればいいかを考えるということだと思います。

心に響く賃貸物件

入居者が求めるものを提供することを考えて、そのためにどうすればいいかを考えることが賃貸経営であって、他のことは何も考えないでいいと思います。

そのことで満室経営は維持され、経営が始まるからです。

経営は入居者が求めていることをどのように提供できるかであって、賃貸経営はその価値を生み出していくことだと思います。

ですから、大家さんのこだわりの物件を作ったところで、その価値が入居者に受け入れられなければ意味がありません。

求める人の心に響かせることが経営であって、賃貸物件を考えたときに、これは本当に入居者に喜んでもらえるものだろうかをよくよく考えなければならないのです。

公開日:2018年7月4日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新井 惠の記事

賃貸管理の記事

賃貸管理の新着記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP