建物の維持管理を任せられる資格とは・・・|有限会社岡部塗装店 岡部

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
信頼できる資格、専門家とは・・・国家資格?民間資格?立派でもちょっと疑問を感じる資格と信用できる資格の見極め方

信頼できる資格、専門家とは・・・国家資格?民間資格?立派でもちょっと疑問を感じる資格と信用できる資格の見極め方

シェア
ツイート
LINEで送る

修理・補修 有限会社岡部塗装店 岡部

老舗塗装店(現在は工務店と同様の仕事も請負う)の7代目です。私自身も、国がスクラップ&ビルドから既存建築ストックの活用(直して使う)に転換を始めた頃に国の求めるビル改修専門家の資格を取得し建物改修に積極的に携わってたので、公共民間を問わず非常に数多くの物件と様々なケースを経験

建物の維持管理を任せられる資格とは・・・

建物の維持管理には、特定の業種だけを知っていれば良いというものではありません。
建築全般を広く、できれば深く知っていることが、専門家としては必要です。したがって、技能士やカルチャー資格ともいえるような民間資格の保有者を専門家とは言えないのではないでしょうか?
私は、建築士は1級でも2級でも取得しただけでは、あまり役には立たないと思っています。建築士会もCPD制度などで、自ら意欲的に学び知識を深めるて、より良いサービスを消費者に提供すべく活動をしています。正直言って、インスペクションを行う建築士の中にも疑問を持たざるを得ないような残念なレベルの方も多くいます。建築士でも、CPD制度などで建物改修に関する知識(前出の建築仕上診断技術者はCPD制度にも入っています。)を学んでいる人でないと設計以外はよく分からないと思われます。
建築施工管理技士は、2級では専門家と呼ぶには知識量が少なすぎます。少なくとも1級建築施工管理技士をもった人でなければ建物全体を理解できないのでないかと考えます。その上で、建築士と同様に建物改修などについて学び、必要な資格(建築仕上診断技術者や建築仕上改修施工管理技術者)を取得しているのが望ましいです。
まとめますが
技能士・・・・・・・・・・・・専門家とは呼べない
○○診断士などの民間資格・・・専門家とは呼べない
公認資格・・・・・・・・・・・それだけでは専門家とは呼べない
建築士・・・・・・・・・・・・条件付で専門家と呼べる
建築施工管理技士・・・・・・・条件付で専門家と呼べる
私見ですが、専門家とは多くの知識を持ち、かつ勉強を続けている人のことだと思っています。

公開日:2018年7月4日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

有限会社岡部塗装店 岡部の記事

金融 保険の記事

金融 保険の新着記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP