改正への対応は?|横浜ユーリス法律事務所 関戸 淳平

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
改正民法が賃貸借契約へ与える影響は?その1-賃貸借終了時のルールの明確化(敷金)

改正民法が賃貸借契約へ与える影響は?その1-賃貸借終了時のルールの明確化(敷金)

シェア
ツイート
LINEで送る

弁護士 横浜ユーリス法律事務所 関戸 淳平

不動産、倒産関係、企業法務を中心とした様々な案件を扱っております。「迅速」・「的確」・「丁寧」に業務を行うことをモットーにしております。 法律相談の際には、「一般の方にもわかりやすい」アドバイスを心がけております。 些細なことでも、まずはご相談ください。

改正への対応は?

 
 改正民法は、これまでの敷金の取り扱いに関する判例・実務の考え方を踏襲したものであるため、実務上の影響は少ないものと考えられますが、念のため、再度敷金に関する規定を見直しておくと良いでしょう。

 特殊な事情がない限りは、改正民法と同様の規定を盛り込んでおくことで宜しいかと思います。


 次回は、原状回復についてお話します。
 

公開日:2018年8月31日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

横浜ユーリス法律事務所 関戸 淳平の記事

賃貸管理の記事

賃貸管理の新着記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンから出る異臭(臭い)を抑える簡単なやり方とは?大家さんでもできる異臭対策!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP