大家さんが知るべき『賃貸住宅の覗き被害の深刻さと事件を未然に防ぐための対策』|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
大家さんが知るべき『賃貸住宅の覗き被害の深刻さと事件を未然に防ぐための対策』

大家さんが知るべき『賃貸住宅の覗き被害の深刻さと事件を未然に防ぐための対策』

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

住宅設備 株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

賃貸物件で起こりうる犯罪の一つに「覗き」があります。

特に女性専用物件や、女子大付近の物件などで起こることが多く、被害の発生は物件の資産価値を大きく低下させてしまいます。

そして、覗きの被害は昔に比べて格段に危険度が上がっており、そのことをしっかり把握しないと、被害に遭った住人の気持ちを理解することができず、不要な退去を招く可能性があります。

ここでは、昨今の覗き魔の手口や、被害者の心情について記したいと思います。

賃貸物件における覗き魔の手口

覗きはありとあらゆる場所で発生する可能性があるものですが、特に夜間の人通りが少ない場所や、女子大付近などで被害が発生しやすい傾向があります。

犯人はある程度不特定多数の場所を覗きスポットとして周回している場合もあれば、たまたま見かけたタイプの女性をターゲットに、部屋までこっそり尾行して、その後何度も覗きを繰り返すこともあります。

覗く場所は、ベランダから室内を覗くこともあれば、玄関ドアのドアスコープから室内を覗くことも、お風呂場を覗くこともあります。

そして、ただ見ているだけでは飽き足らず、昨今はスマートフォンで動画撮影をするケースが急増しています。

そのため、昨今の覗きは昔に比べて危険度が格段に上がっています。
 

覗かれた側の心理

覗きが発生した場合、住人女性の気持ちは単に「キモチワルイ」と思うだけではありません。

この覗きは繰り返し発生するのではないか?

部屋の中まで入ってきて危害を加えられるのではないか?

と大きな恐怖感を覚えてしまいます。

そして、スマートフォンやSNSが当たり前になっている世代は、より敏感です。

「スマートフォンで撮影されたのでは」「その映像をSNSやネットで拡散されるのでは」と考えてしまいます。

そしてそれがもし起きてしまった場合、ネットに広まった情報や画像は完全に削除することは難しく、一生ネット上に残ったままになってしまいます。

つまり、女性にとって一生を左右するような犯罪被害に発展してしまうのです。


もし住人から覗き被害について相談があった場合、被害の程度を軽く見ない方がよいです。

できる事なら、敷地出入口に防犯カメラを設置することが望ましいですが、コストの問題で難しいようなら、防犯のアドバイスをしてあげるなどもよいと思います。

例えば、部屋への侵入に備えてホイッスル防犯ブザーを揃えておけば、万が一の際にも大きな音で犯人を撃退できます。

また、ベランダに防犯砂利を敷いたり、掃き出し窓に補助錠をつけることで、侵入にすぐに気づくことができ、また侵入を阻止できます。

どれも数百円~数千円で出来る対策なので、購入してあげても、もしくは購入をすすめてもどちらでも効果的だと思われます。
 

公開日:2018年11月17日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

空室対策の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP