コラム・記事一覧(1~20件目)|-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > コラム一覧

検索結果一覧 25件中 1~20件
シェア
ツイート
LINEで送る
並べ替え:

税理士が語る タワーマンション節税と平成29年税制改正

相続 税金

税理士法人シリウス
2017.04.28

富裕層の方が都心のタワーマンションの高層階を購入することにより、相続税の節税になるという手法です。 タワーマンションは一般に土地の持分が小さいため土…

税理士が教える!相続した空き家を売却した場合の3000万円控除の特例

相続 税金

税理士法人シリウス
2017.04.26

相続又は遺贈により被相続人居住用家屋とその敷地の両方を取得し、平成28年4月1日から平成31年12月31日までの間に売却して、下記の要件に当てはまるときは…

税理士が語る 国外居住親族の扶養控除等に係る書類提出の義務化

相続 税金

税理士法人シリウス
2017.04.13

(1)確定申告を行う者(大家さんなど) 確定申告において、非居住者である親族(「国外居住親族」といいます)に係る扶養控除、配偶者控除、配偶者特別控除、障…

税理士が語る、医療費の特例 セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)って?

相続 税金

税理士法人シリウス
2017.04.01

「セルフメディケーション」とは、自分の健康状態や生活習慣に配慮し、定期的に健康診断を受け、軽い症状であれば市販薬をうまく活用して自分の健康は自分で管理しよ…

税理士が話す 個人型確定拠出年金iDeCoと小規模企業共済の違い

金融 保険

税理士法人シリウス
2017.03.20

「確定拠出年金」は、公的年金に上乗せして給付を受ける私的年金のひとつです。「確定拠出年金」は、事業主が実施する「企業型確定拠出年金」と、個人で加入する「個…

不動産オーナーの確定申告-減価償却に関する税制改正について

相続 税金

税理士法人シリウス
2017.03.04

個人事業主が届け出をしない場合、法定の減価償却方法は「定額法」となります。いままでは、個人事業主が「所得税の減価償却資産の償却方法の届出書」することで、建…

賃貸不動産オーナーをめぐる税金(取得から売却まで)-売却特例②

相続 税金

税理士法人シリウス
2017.02.01

個人が不動産を売却した場合、所有期間が5年超か否かによって、長期譲渡所得と短期譲渡所得に分かれ、次の税率で税金がかかることを、以前のコラムでご紹介しました…

賃貸不動産オーナーをめぐる税金-売却特例➀

相続 税金

税理士法人シリウス
2017.01.27

民主党政権時代に不動産需要を喚起するために創設されたのが、「平成21年及び平成22年に取得した長期所有土地等の1000万円特別控除」です。土地等の取得後の…

賃貸不動産オーナーをめぐる税金(取得から売却まで)-売却編

相続 税金

税理士法人シリウス
2017.01.17

個人が不動産を売却したことによって生じた所得を「譲渡所得」といい、「譲渡所得」は他の所得と分離して(分離課税といいます)、所得税と住民税が課税されます。 …

不動産の保有でかかる税金とは|賃貸不動産オーナーをめぐる税金(取得から売却まで)-保有編

相続 税金

税理士法人シリウス
2017.01.06

固定資産税・都市計画税は、毎年1月1日現在の所有者に下記の算式で計算した金額で課税されます。 固定資産税=固定資産税評価額(課税標準)×…

賃貸不動産オーナーをめぐる税金(取得から売却まで)-確定申告&配偶者控除の改正

空室対策

税理士法人シリウス
2016.12.19

前回のコラムでご紹介した、一棟物の居住用中古アパートを1億円(土地代4,000万円/建物代6,000万円)で購入し、1億円のフルローンを組んだAさんの物件…

賃貸不動産オーナーをめぐる税金(取得から売却まで)-取得編

相続 税金

税理士法人シリウス
2016.12.08

不動産を取得する際には、次のような税金がかかります。一棟物の居住用中古アパートを1億円(土地代4,000万円/建物代6,000万円)で購入し、1億円のフル…

注目のマイナンバーとは何か?その6 税理士が語る、マイナンバー以外の課税強化策

相続 税金

税理士法人シリウス
2016.09.30

1.財産債務調書   平成27年の税制改正で所得税・相続税の申告の適正性を確保する観点から、従来あった財産及び債務の明細書が見直され、一定の基準を満たし…

注目のマイナンバーとは何か?その5 税理士が語る、相続税への影響

相続 税金

税理士法人シリウス
2016.09.16

平成28年1月1日以降に発生した相続に係る相続税の申告書には、被相続人だけでなく相続人全員のマイナンバーの記載が必要になります。その2年後の平成30年から…

注目のマイナンバーとは何か?その4 賃貸大家はマイナンバーの提出を拒否できる?不動産の使用料等の支払調書

相続 税金

税理士法人シリウス
2016.08.31

平成28年より各種税務手続にマイナンバーが必要となりましたが、大家さんはご自身の税務手続以外にマイナンバーが必要となる場合があります。 それは、大家…

注目のマイナンバーとは何か?その3 大家さんへの影響 不動産投資の副業がバレる?

相続 税金

税理士法人シリウス
2016.08.19

不動産投資をされているサラリーマン大家さんの中には、マイナンバーが導入されて支払調書などに自分のマイナンバーが記載されてしまうと勤めている会社に不動産投資…

注目のマイナンバーとは何か?その2 税理士が語る、各種税務手続きへの影響

相続 税金

税理士法人シリウス
2016.08.02

1.確定申告書(国税関係) 税務署に提出する書類で、個人の方であれば平成28年1月1日以後に提出する所得税や消費税、相続税・贈与税などの確定申告書にマイ…

税理士が語るマイナンバーの必要性や使い方-注目のマイナンバーとは何か?その1

相続 税金

税理士法人シリウス
2016.07.25

マイナンバー制度には、①公平・公正な社会の実現、②国民の利便性の向上、③行政の効率化というメリットがあります。 ①は、社会保障分野における負担と給付…

誰もが知りたい確定申告のテクニックとは?その7 大家さんへのお尋ね

相続 税金

税理士法人シリウス
2016.06.28

平成25年7月から、「不動産所得を有する方」を対象に「決算書の内容」や「不動産の利用状況」について文書照会することを東京国税局より税理士会にお知らせがあり…

誰もが知りたい確定申告のテクニックとは?その6 資本的支出と修繕費

相続 税金

税理士法人シリウス
2016.06.15

固定資産の修理・改良等のために支出する費用は、「資本的支出」と「修繕費」に分けられます。 資本的支出とは、固定資産の修理・改良等のその名義の如何を問…

並べ替え:
×

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP