『高入居率』『高収益稼働率』にこだわったアイケンジャパンのアパート建築|入居率98%以上!防音性・耐震性を高めるこだわりの施工技術と安心の管理サポート体制-不動産賃貸経営博士-

会社名
←不動産賃貸経営博士
株式会社アイケンジャパン
堅実なアパート経営・不動産投資を実現するアイケンジャパン

「入居率〇〇パーセント」と表示した不動産投資会社が多く増えてきましたが、 入居率が高ければ安定した家賃収入を得る事は可能なのでしょうか? 結論から言いますと、入居率が高いからといって必ずしも安定した家賃収入を得られるわけではありません。

入居率とは、読んで字の如く物件の部屋数に対する入居者の数です。入居者数は以下の方法等で増やすことが可能です。

・1〜2ヶ月間無料で入居できる方法(フリーレント)
・想定していた家賃より値下げして入居促進(家賃下落)

上記の方法を実施すれば入居率は担保できますが、実際には家賃収入の減収やフリーレントによる無賃料のため、安定的な収益は見込めません。(オーナーの犠牲)

アイケンジャパンでは、入居率とともに収益稼働率も重視します。

アイケンジャパンの入居率は98%以上。それとともに、弊社では収益稼働率にもこだわっています。 収益稼働率とは新築時のプランにて提案された家賃設定が、年間完全満室状態とした場合を100%とし、それに対して、経年と共にどれだけ実際の家賃収入が減っていくのかを集計したものです。

収益稼働率

アイケンジャパンの物件は収益稼働率に優れているので、入退去における保障期間を含めても非常に高い稼働率を維持しております。

アイケンジャパンに決めた理由
-東京都在住オーナー S様-

アイケンさんに最初に資料請求をさせていただいた時に、アイケンさんと同業他社さん合わせて二社に申し込んだんです。
ある日、午前中にアイケンさんの営業マンとお会いして、午後にその足で他社さんに行ったんですね。そこで、フットワークやその後のフォローがアイケンさんの方が断然良く、好印象を持ちました。
その当時はアイケンさんが東京にオフィスを構えたばかりで、まだスタッフも二人体制のときでした。非常に密なコミュニケーションをとってもらいましたね。
これから東京で頑張るんだ、売るんだという気迫を二人から感じ、やっぱり一生懸命になってくれると、こちらもそれを感じるじゃないですか。
もうアイケンさん以外のお話は聞かなかったですね。そのまま引き込まれちゃいました(笑)

今では管理の方とも仲良くさせて頂いていて、千葉の物件がたまたま何部屋か空いちゃったときに一生懸命埋めてくれたことが印象に残っています。
例えば栄養ドリンクを差し入れに千葉中の不動産業者さんを駆けずり回ってくれたりして。営業の方も、管理の方も非常にフットワークがいいし、いいチームだと思います。僕は安心して、家賃の明細を見るだけですね。
理由1
「入居者に喜ばれる」アパートづくり
オーナー様みずからも住みたいと思わせるほどのアパートを目指し、デザイン、セキュリティ、機能すべてにこだわり、一般的なアパートでは採用されないであろう設備も全て標準設備として導入。入居者にワンランク上の住みごこちと満足感をご提供いたします。
理由2
部屋の配置にもこだわり、防音性と快適性を実現
これまでの常識にとらわれないアイディアで高い防音性と快適性を実現。各部屋との間を水廻りで区切ることにより、従来よりも格段に防音効果を高め、入居者のプライバシーを守ります。
理由1
入居者が入り続けるエリアを厳選
土地選定においては、ここだったら失敗がない、しかも将来性があるという確証の持てる場所しか選びません。いずれ建物の老朽化が進んだとしても、入居者が入り続けるという確証の持てるエリアを厳選しております。
理由4
市場に出回る前に!数少ないアパート用地を取得
アイケンジャパンは強力な仕入ネットワークで、非公開物件の中でも特に良い情報をいち早く入手しています。そのため、立地の良い物件をより安く仕入れることが可能です。
理由1
完成後も安心の管理サポート体制
入居者募集から家賃集金、退去時清算、クレーム対応、清掃等のメンテナンスまで、 全国各地でオーナー様をサポート!また、インターネット上でアパートの状況や収支明細、空室リストをチェックできるシステム構築を行っております。
事例画像1
防音性能を高めるSVC構造
防音・遮音性を高めるため、独自のSVC構造を採用。騒音によるクレーム対応を低減させます。
話し声や音楽などへの対策は、重たい材料を用いて音の透過を抑制。子供が走り回ったりする音に対しては、床自体の重さを向上させて床の振動を抑制します。椅子を引きずる音などは、弾力性のある素材が衝撃を吸収します。
隣室への対応
一般的なアパートは住戸間に何もなく音が響きやすい造りになっていますがアイケンジャパンのアパートは各住戸間を水廻りや収納で仕切ることで、 アパートの欠点である防音効果を高め住みやすい住空間になっています。
事例画像2
耐震に配慮したつくり
アイケンジャパンは、土台と基礎の間に設置する“キソゴム”、構造用合板を使用した独自のBSP構造(Basic rubber Seismic board Protect)をすべてのアパートに導入し、地震によるアパート倒壊のリスクを低減していきます。
  • ーキソゴムー
    木造住宅の土台と基礎の間に設置する積層ゴム使用の“キソゴム”は、時刻歴波形のように建物に伝わる揺れを軽減し、大切な家や生命を守ります。
    また、“キソゴム”が振動や衝撃を吸収することで、新築時の剛性を維持させ、建物の長期的な耐震性能をサポートします。 キソゴムは地震による建物の揺れを最大30%~50%軽減します。
    建築施工事例写真
  • ー耐力壁ー
    アイケンジャパンのアパートは地震時の横揺れ、台風時の横からの強風などに耐えられるように、耐力壁を多く使用しており、建築基準法で定められている基準の約1.3倍の強度を備えています。
    建築施工事例写真
事例画像1
人生100年を見据えた劣化対策等級<等級3>
事例画像1
劣化対策等級とは、構造躯体等に使用する材料の劣化を軽減する対策が、どの程度講じられているかを評価したものです。等級が高いほど建物は長持ちし、メンテナンス費用が抑えられます。アイケンジャパンのアパートは最高レベルの等級3の水準を満たしています(29年3月以降販売物件)。
企業写真
株式会社アイケンジャパン
〒107-0052
東京都港区赤坂7丁目1番16号 オーク赤坂ビル11階
お問い合わせ電話番号
会社概要
HP:https://aikenjapan.jp/
設立:平成18年8月18日   資本金:5,000万円
事業内容:
1. アパート・マンションの企画・販売
2. 不動産仲介業
3. 建築の設計、施工、監理
4. 前各号に付帯する一切の業務
免許及び許可:宅地建物取引業 国土交通大臣(2)第008177号
建設業 国土交通大臣(般-01)第25405号
お問合わせ・資料請求
お客様情報
必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須郵便番号
必須ご住所
必須年収
必須ご年齢
必須お問合せ内容
必須その他のお問合せ内容
必須個人情報取り扱いについて
個人情報の取扱への同意の上送信してください。

PAGE TOP