住宅ローンを家賃収入で補える!狭小地でも建てられる(10坪~)賃貸併用住宅|東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで住宅を建てる建築会社 狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)-不動産賃貸経営博士-

会社名
←不動産賃貸経営博士
会社名トップ
東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで住宅を建てる建築会社 狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)
住宅ローンを家賃収入で補える賃貸併用住宅は、賃貸ニーズの高い都心エリアに住宅を建てる際の魅力的な選択肢です。また、今まで土地が小さいから無理とあきらめていた皆様。形状にもよりますが、10坪ほどの土地があれば賃貸併用住宅を建てることができます。
「狭小住宅」という言葉をご存知でしょうか?

狭小住宅とは、おおむね敷地15坪(約50㎡)以下の比較的小さな土地に建てられた住宅のことです。狭い土地に建てる小さな住宅ゆえに、様々な制約があります。とはいえ、狭小住宅ならではの工夫を凝らすことによって、住み心地の良い居住空間を作り出すことは可能です。 2015年にBLISSが手掛けた注文住宅は250棟、その約8割の200棟が狭小住宅であり、施工した250棟の住宅の建築面積の平均は約12坪。BLISSは独自のノウハウで、デザイン性が高く、住み心地の良い狭小住宅を提供しています。

タイトル
 
狭小住宅のプロ BLISSだからできる!
土地10坪からの賃貸併用住宅『楽賃(らくちん)ハウス』

「楽賃ハウス」は都心エリアの狭小敷地に賃貸併用住宅を建てたいというお客様向けの住宅商品です。 住宅ローンを家賃収入で補える賃貸併用住宅は、賃貸ニーズの高い都心エリアに住宅を建てる際の魅力的な選択肢です。今まで土地が小さいから無理とあきらめていた皆様。形状にもよりますが、10坪ほどの土地があれば賃貸併用住宅を建てることができます。  
 
活用事例の画像  
事例画像1
FERIO町屋
構造:木造3階建て 賃貸個数:3戸
敷地面積:60.81㎡ オーナー居住部:63.54㎡
空間を無駄なく活用!3LDKの広々とした住まいを実現
オーナー様の居住部分である3階のLDK。洗面や浴室を2階に配置し、広々とした空間を確保しています。
日当たりもよく、機能性の高い間取りになっています。
不動産投資ローンよりも金利が安い住宅ローンが利用できる上、家賃収入からのローン返済も可能です。
理由1
狭い敷地を最大限に生かす工夫として、BLISSがこだわっているポイント
天空率を利用
BLISSでは「道路斜線制限」や「北側斜線制限」がかかる建物を設計する場合、自社の設計部門が必ず天空率を計算し、できるだけ良い条件で建物を設計するようにしています。天空率の計算を行うことで、建築基準法が許容する最大限の空間を得る可能性が広がるのです。
理由2
狭い敷地を最大限に生かす工夫として、BLISSがこだわっているポイント
デッドスペースを使い切る
  • 1.小屋裏収納
    小屋裏収納は、2階の屋根との間にできた空間を利用する収納で、デッドスペースを活用した収納として代表的です。小屋裏部分の床面積がすぐ下の階の床面積の1/8以下で、天井までの高さが1.4m以下である場合、建築基準法では小屋裏空間は階数・床面積に算入されません。小屋裏は、ロフトとしても多く活用されます。
  • 2.壁面収納
    壁の厚みも立派な収納スペースとして活用できます。たとえば壁に奥行き10~15cmの棚を埋め込むことで、CDやDVD、文庫本などの収納が可能になります。
  • 3.こんなデッドスペース活用方法も
    ほかにも、階段下に洗濯機置き場を作ったり、キッチン・ダイニングの床下も有効な収納となります。いずれも使っていない場所を上手に使って、収納スペースとして活かすことができます。
入居率96%
 
理由1
狭い敷地を最大限に生かす工夫として、BLISSがこだわっているポイント
視覚的に広く見せる
1.吹き抜け
狭小地ではヨコ(水平方向)への広がりが限られています。そこにタテ(上下方向)への広がりをプラスして、“空間のゆとり”を感じさせるのが吹き抜けです。リビングや階段などに吹き抜けを設けて上部の窓から光を採り込めば、視線が自然と上部へと誘導され、開放感たっぷりの明るい空間をつくることができます。
2.勾配天井のメリット
「勾配天井」とは高さが一定ではなく傾斜のある天井のことです。 部屋の広さというのは「広さが何畳あるか」ということも大切ですが、部屋の上方の空間がどのようになっているかによって、視覚をはじめとした人の“感覚”がとらえる部屋の印象は変わってきます。 勾配天井を用いることにより以下のようなメリットが期待できます。
  • ・部屋が広く感じられる
  • ・明るい
  • ・開放感があって気持ちがいい
理由4
狭い敷地を最大限に生かす工夫として、BLISSがこだわっているポイント
BLISSのセミオーダー式 注文住宅
狭小敷地は通常の土地より比較的安価であるものの、都心部である以上、土地の価格はそれなりに高額です。土地にお金がかかる分、建物の費用はできるだけ抑えたいと思うのは当然のことです。
少しでもリーズナブルに良い住宅を建てるため、BLISSはセミオーダー式で注文住宅を建てています。セミオーダーといっても、間取りプランは完全に自由設計。土地の形状や家族構成、ライフスタイルに合わせ、打ち合わせを重ねながらご希望の間取りを設計していきます。
セミオーダー式を採用しているのは、キッチンやバス、洗面台、トイレなどの住宅設備と、玄関ドアなどの建具や床材など。それぞれ10種類ほどの商品から選んでいただくカタチになっています。
一般的な工務店の施工棟数は年間平均で5~10棟程度ですが、BLISSは年間約300棟もの住宅を建てています。そのため、仕入れ価格は大幅に安く、その上キッチンやトイレなどの住宅設備や建材を絞り込むことで、大量仕入れによるコストメリットを最大限活かすことができるのです。
 
ローコストであることは確かに重要ですが、BLISSは、安さのために住宅の住み心地や設備の使い勝手を犠牲にすることは決していたしません。ローコストをうたっている工務店やハウスメーカーは、最もグレードの低い住宅設備や建具を標準仕様として採用しているケースが多々見受けられますが、BLISSではできるだけ優良な住宅設備を標準仕様とすることをモットーとしています。
FERIO町屋
「楽賃ハウス」は都心エリアの狭小敷地に賃貸併用住宅を建てたいというお客様向けの住宅商品です。 都心部の18坪の敷地に建てた狭小住宅は、「楽賃ハウス」で賃貸併用住宅を実現しました。賃貸住戸は1階に2戸、2階に1戸。2階の一部と3階を住居として使用しています。瀟洒で明るい雰囲気の外観に仕上がっています
 
物件概要
エリア:東京都荒川区 家族構成:夫婦+子ども1人 工事期間:4.5ヵ月 竣工年月:2016年1月 工法:軸組工法(在来工法) 費用:3,500万円 敷地面積:60.81㎡(18.4 坪) 延床面積:126.53㎡(38.28 坪)
  • 事例画像1
    日当たりの良いLDK オーナー様の居住部分である3階は日当たりも良いLDK。L字型キッチンを採用し、機能性の高い間取りになっています。
  • 事例画像2
    バスルーム・トイレ バスルームは、ダークブラウンで構成されたシックな空間と、機能性の高い清潔感のあるトイレスペースには小さくても手洗いやウォシュレットなどを備えています
  • 事例画像3
    賃貸部編 3つの賃貸ルームとオーナー宅、合計4つの玄関ドアが並ぶ建物正面です。狭小住宅でも、入り口が別なのでプライバシーも確保されています。
ブルックリンコート
物件概要
物件名ブルックリンコート構造木造在来軸組工法
3階建て 賃貸併用住宅
賃貸戸数:3
戸敷地面積:61.33㎡
建築面積:40.74㎡
延床面積:125.68㎡
専有面積:17.51㎡ ~ 21.00㎡
間取:1R
  • 事例画像1
    ニューヨークのブルックリンがモチーフに
  • 事例画像2
    室内にもレンガ調のアクセントクロスを使用
  • 事例画像3
    オーナー様の居住スペースには、見晴らしの良いルーフバルコニー付き
 
 
収益性が高いといっても抱えるリスクも大きい『賃貸併用住宅』
建築を決める前にメリットだけではなく、デメリットも理解できるかどうかが重要

BLISSへお越し下さるほとんどの方が、最初は賃貸併用住宅を建てることを考えていません。プランの一つとして「楽賃ハウス」をご紹介したときになってはじめて、賃貸併用住宅の良さに気付かれます。その収益性の高さ、加えて狭い土地にも建てられるという現実に大きな魅力を感じていただけるようです。
しかし、賃貸併用住宅にはメリットと同じくらいデメリットが存在していることも事実であり、収益性のみに捉われず、リスクを伴うことも理解することがとても重要です。他人と同じ建物に住むのですから、騒音問題など住環境にご自身だけでは解決できないことが起きる可能性もあります。なにより「大家業」の始まりです。入居者トラブルが起きたときに、管理会社を間に入れていたとしても、大家として直接対応せざるを得ないこともあると思います。

・毎月のローン返済額を軽減させたい
・将来の資産形成を本気で考えていきたい
・入居者と同じ建物で暮らすデメリットを十分に理解している

全てに当てはまる人は、ぜひ当社までご相談ください。

株式会社 BLISS(ブリス) 東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで住宅を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)
企業写真
株式会社 BLISS(ブリス)
〒113-0034 東京都文京区湯島3-36-3
お問い合わせ電話番号
会社概要
HP:https://bliss-d.com/
設立:2003年11月(平成15年)   資本金:40,000,000円
事業内容:建築、企画、設計、施工、デザイン、総合解体、地盤調査、 地盤改良工事、総合不動産コンサルティング
免許及び許可:
建設業許可/国土交通大臣許可(般-27)第23911号
一級建築士事務所/東京都知事登録 第57224号
産業廃棄物収集運搬業/第117413号(東京都・千葉県・埼玉県・茨城県)
宅地建物取引業/国土交通大臣(2)第8217号
お問合わせ
お客様情報
                        
必須お名前
必須フリガナ
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
必須メールアドレス
                        
任意建築時期はいつ頃とお考えですか?
  • 1年以内
  • 1年~2年
  • 2年以上先
  • 未定
任意ご計画の建築用地はお持ちですか?
  • 現住所予定
  • 現住所とは別に所有している
  • これから取得する
任意建築用地を「現住所とは別に用意している」方は、大まかな場所を教えてください。
任意建物のご予算はどれくらいで予定していますか?
必須お問合せ内容

PAGE TOP