65歳の引退―― 成功者がその先の将来に見据える『生き方』と『生き甲斐』|株式会社アースホールディングス 代表取締役 國分利治|自分だけの生き方!~自分だけの生き方を謳歌する賢者への岩崎せいじ取材対談コーナー~-不動産賃貸経営博士-

不動産賃貸経営博士 > 岩崎せいじ 取材対談 > 65歳の引退―― 成功者がその先の将来に見据える『生き方』と『生き甲斐』|株式会社アースホールディングス 代表取締役 國分利治|自分だけの生き方!~自分だけの生き方を謳歌する賢者への岩崎せいじ取材対談コーナー~
~自分だけの生き方を謳歌する賢者へ「岩崎せいじ」の取材対談コーナー~
65歳の引退――
成功者がその先の将来に見据える
『生き方』と『生き甲斐』
―株式会社アースホールディングス 代表取締役 國分利治―
【株式会社アースホールディングス 代表取締役 國分利治 略歴】
1958年に生まれ、19歳で経営者になることを目指し美容業界へ。30歳で独立してアメリカでの視察にて経営のヒントを得て日本に帰国後、 大型店舗展開という業務改革を経て40歳を迎える頃には経営を軌道に乗せて、現在は日本全国に230店舗を展開しフランチャイズオーナーは93名、 総従業員数が2700名になる。経営者として『100名の経営者をつくること』を目標に掲げる。
【HAIR & MAKE EARTHの紹介】
非日常的空間、最新のヘアースタイル、オーガニック、リラクゼーション、サービスなどにこだわり、 全国に約230店舗以上のサロンをオープンしてきました。28年目を迎える当社は、HAIR & MAKE EARTHのブランド展開だけではなく、より一層のサービスと技術をお客様にご提供できるよう、美と健康をコンセプトにトータルビューティサロンの展開を行って参ります。
65歳の引退 - 成功者がその先に見据える『生き方』と求める『生き甲斐』
――國分社長は65歳で引退をお考えのようですが、その後の『生き甲斐』はどこに求めていますか?

「僕の場合、引退するといってもまったく仕事から離れるとまでは考えていないんですよ。ただ、表舞台からは降りようと思っています。完全に裏方に回ってサポートに徹しようと考えています。
引退後の生き甲斐については、フランチャイズのオーナーたちが『物質的』にも『精神的』にも満足できる『経営者』になれるように、そんなサポートをしていくことが、僕の生き甲斐になっていくんじゃないでしょうか」

30代、40代の人たちへ伝えたいこと『人をつくり、基盤となる物を蓄える』
――それでは今度は、後進の育成に熱心な國分社長より、働き盛りの30代、40代の人たちへ伝えたいことはありますか?

「30代は、まだ体もバリバリ動きますし、体と頭をフルに使って、今の出会える人たちとの人間関係をしっかりと築いていくことの大切さを僕は伝えたいですね。将来10年、20年と一緒にやっていける様な自分のスタッフ(仲間)をつくっていくことが一番大事だと思います。
実際、僕も今のフランチャイズオーナーの核になっている人たちをつくったのは30代後半~50代前半の約15年間にかけてです。
50歳を過ぎてから『人』をつくることは、なかなか難しいことだと感じています。
だから30代から40代、50歳くらいまでの約20年の中で、自分と一緒に仕事ができる人たちや自分の右腕となる人をつくることがとても大事です。あとは、自分の基盤となる物質的なものを蓄えることです。30歳~50歳中盤までの期間にこれが蓄えられないと、何か起こったときに『守る』ことができません」

「ここでいう物質的なものとは、『お金』はもちろんですが、家などの『不動産』、その他、『担保になるようなもの』です。これらを少なくとも50歳中盤までには蓄えておかないと、その後に不安が残りますよね。
自分を支えてくれて、原動力となる『人』、自分の基盤となり、いざというときに活用できる『物』と『お金』。30代~40代にかけて、このに3つを揃えることは、その後の人生を楽しく生きるためにとても大切要素となります」

國分社長に聞いた『プライベートの過ごし方』

【國分社長の健康管理の秘訣】
■ 一日一食で40年間風邪をひかない体に
基本的に食事は一日一食しか摂らないんです。もちろん世間的には賛否両論あるでしょうが、僕自身40年間風邪をひいていないし、病気も一回もしていないので、僕にはこれが合っているんだと思います。また、食事の際には体に良いものを摂ることは常に心がけています。昔から和食が好きで、特に卵かけごはんが好きなんですけど、コレステロールが高いからあまり食べないようにしているんですよね(笑)
食事以外での健康管理として、体重管理をすることと『断食』の日を決めて定期的に実行しています。断食は体の調子も整い、精神修養としてもいいですよ。

前ページ
AI(人工知能)の進化に淘汰されない成功者の『生き残る経営哲学』
前ページ
AI(人工知能)の進化に淘汰されない成功者の『生き残る経営哲学』
― 松本零士さん生誕80歳記念 ― 宇宙を夢見た少年が歩んだ80年の軌跡を振り返る - 漫画家 松本零士さん -
自然と遊び、科学を楽しみ、科学を通じた『実体験の大切さ』を伝える - サイエンスプロデューサー 米村でんじろう先生 -
ー起業から30年……成功者が今、思うこと - 株式会社アースホールディングス 代表取締役 國分 利治 -
モバイル業界に革命をもたらした男……成功者の新たなる挑戦 - Oceans株式会社 代表取締役 堀主知ロバート -
創業25周年、『北軽井沢スウィートグラス』の代表が思うキャンプ場の本質 - 有限会社きたもっく 代表取締役 福嶋誠 -
すべては自分の経験から、既存の常識とは真逆のど根性ブルーベリー栽培 - エザワフルーツランド 江澤貞雄 -
設立53年西浦和幼稚園の歩み、笑顔が溢れる幼稚園であるために - 西浦和幼稚園 園長 熊谷万里子-
シェア
ツイート
LINEで送る

PAGE TOP