『わが青春のアルカディア』の松本零士さんが影響を受けた映画『わが青春のマリアンヌ』『風と共に去りぬ』|若者には自分だけの冒険をしてほしい|自分だけの生き方!~自分だけの生き方を謳歌する賢者への岩崎せいじ取材対談コーナー~-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
『わが青春のアルカディア』の松本零士さんが影響を受けた映画『わが青春のマリアンヌ』『風と共に去りぬ』|若者には自分だけの冒険をしてほしい|自分だけの生き方!~自分だけの生き方を謳歌する賢者への岩崎せいじ取材対談コーナー~
自分だけの生き方!
~自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談コーナー~
松本零士さん
生誕80歳記念
宇宙を夢見た少年が歩んだ
80年軌跡を振り返る
漫画家  松本零士さん -生誕80歳記念-漫画家  松本零士さん -生誕80歳記念-
日本を代表する漫画家であり、今年80歳(傘寿)を迎えた松本零士氏に、博士.com代表創業者の岩崎せいじが取材対談。戦争を体験した少年期、戦後の高度経済成長期を経て現代に至るまでの日本、世界を漫画家として、一人の人間としてどのように捉えてきたのか。現代(いま)を生きる人たちに伝えたいことなどを伺いました。

かつての自由がなくても『自分から前に進んで、自分の冒険をして欲しい』



「あと、アフリカの思い出と言えば、旅の途中に美しいマサイ族の女性を見つけまして。車で走っていたところをUターンして戻って、写真を撮らせて欲しいってお願いしたんです」

「そうしたら、その子の旦那がやってきて何してるんだって怒るんですよ。穂先の長い槍を持ってきて突き付けてくるんです」

「だから素直に『美しいからこの人を写真を撮らせて欲しい』って言ったら、『これが美人か?』って笑いだして。だったら好きに撮れって言ってくれたんです」

――それもまたすごい体験ですねー。

「その後マサイ族と親しくなって、色々食べさせてもらったり、丘の上に立って槍をもって、そこに夕日が沈んでいくのを見たり。それはまるで映画のワンシーンでも見ているような光景で。そういう素晴らしい体験がアフリカではできました」

「次にアフリカに行ったときには、パリからリオデジャネイロへアフリカを通過していきましたケープタウンの喜望峰の沖でコンコルドを操縦させてもらいまして。そうしたら基調が墜落実験をやろうって言って、16000mくらいまで上がって、そこから垂直に1000mまで急降下するんですよ。そうすると機内が無重力になるんですよね」

「操縦と言えばハワイに行った時にも双発機を操縦させてもらいましたね。その時は真珠湾攻撃の時のコースを飛びました」

「色々なことを世界各地で経験させてもらって、それが私の中の参考資料になっていきました。この目で見て書くことと、写真資料を見て描くことは違うのです。だから私は、世界中を渡り歩いて、すべてをこの目で見ているわけです。キリマンジャロもアルプスも、ドイツのハイリゲンシュタットも。そこにある写真も私が撮った写真なんですよ」

おもむろに指した写真には異国情緒あふれる景色、草木の隙間から屋敷が見てとれた。
――これ先生が撮影されたんですか?さすが、いい画角ですね ー。

「自分で撮影したものですが、ちょうどいい角度で撮れまして、見事な写真になりました」

「その写真、映画の『わが青春のマリアンヌ』という映画の撮影地でして、映画のオープニングと同じ角度で撮影したんです。馬車の上から撮影しているんですが」

――先生の作品にも『わが青春のアルカディア』がありますが、やはり影響を受けられたんですか?
1
「はい、私の運命を変えた映画と言ってもいいです。両親を失った貧乏な学生と絶世の美女が出会う青春ドラマなんですがね」

「風と共に去りぬという映画にも影響を受けました。映画の中で、スカーレットが『I'll never be hungry again(私は二度と飢えはしない)』っていうんですよ。小学生の時に見たんですが、自分の心境と重なって、とても印象的でした」

「同じように小学校4年生の時に読んで影響を受けたのが『大宇宙の旅』という荒木 俊馬博士が書いた本でした。そこには宇宙の総概念が書いてあって、それから宇宙へ行きたいと思うようになりました。だから、死ぬまでに一回でいいから宇宙に行きたいんですよ。宇宙を描く時だけは想像で書いているので」

――やはり、先生は宇宙が大好きですね。

「はい。以前、オメガ社で飛行士の時計をデザインをさせてもらったこともありますよ」

「スイスのオメガ社に行ったときにたまたまオメガの時計をつけていったら、そこの社長が私がつけていた時計について尋ねてきて、それがきっかけだったんですが」

「『そのモデルをどこで買った?』とか『あと何個持ってる?』とか。不思議に思って聞いたら、その時計は3000個しか作っていなくて、それもドイツのマニアが買い占めてしまって、オメガのバックヤードにもなくなってしまっているそうで『ぜひ、私に譲ってほしい』なんて言われました」

――オメガからオメガが欲しいなんて言われることはそうそうなさそうですね(笑)

「社長が「代わりに何でもあげるから」なんて言うんで、時計の制作工場を極秘で見せてもらいました。その際にメーテルの浮彫があるモデルと『ムーン・トゥーザ・マーズ』という宇宙飛行士の時計をデザインしました」

「宇宙飛行士として実際に山崎直子さんはメーテルモデルを、野口聡一さんさんはムーン・トゥ・マーズをつけて宇宙に行かれました」

「私自身、宇宙飛行士の資格もすでに持っているんですよ。帰れなくてもいい、片道だけでもいいから、一度この目で地球を見てみたいんです。それからあの世へ行きたいと思っています(笑)」

次ページ
松本零士さんが漫画家と気を付けていること&作品に込めるテーマ性|現代を生きる人たちに伝えたいこと
次ページ
松本零士さんが漫画家と気を付けていること&作品に込めるテーマ性|現代を生きる人たちに伝えたいこと
自然と遊び、科学を楽しみ、科学を通じた『実体験の大切さ』を伝える - サイエンスプロデューサー 米村でんじろう先生 -
今のように『科学の実験』を中心とした仕事をしたいと思い始めたのはだいたい24年くらい前でしょうか。その頃、僕は都立高校の教師をやっていて……
僕は最初に赴任した高校で教師として『いい授業』をしようとやる気になっていました。「生徒たちが目を爛々と輝かせて、食いついてくるような授業を……
今の子供たちは、実体験を得る機会が少なくなってきているように感じます。これは子供だけではありませんが、インターネットやスマートフォンが普及し情報化した現代では、……
― 松本零士さん生誕80歳記念 ― 宇宙を夢見た少年が歩んだ80年の軌跡を振り返る - 漫画家 松本零士さん -
私は福岡県の久留米市で生まれ、昭和19年に母の実家がある大洲市新谷へ疎開し、兵庫県明石市で数年、終戦後は小倉で子供時代を過ごし……
上京してからは本郷三丁目にある『山越(やまこし)館』という学生下宿に住んでいました。そこで、……
色々なことを世界各地で経験させてもらって、それが私の中の参考資料になっていきました。この目で見て書く……

ー起業から30年……成功者が今、思うこと - 株式会社アースホールディングス 代表取締役 國分 利治 -
実は僕の場合、『美容師』になりたかったというわけじゃないんですよ、はじまりは……

モバイル業界に革命をもたらした男……成功者の新たなる挑戦 - Oceans株式会社 代表取締役 堀主知ロバート -
自分の産んだ子供なんでね、会社って。どっちを選んだら社員がのびのびと仕事をできるのかを考えたときに……

×

PAGE TOP