給水管の老朽化による水漏れ請求は誰に? -勝ち組大家への道【管理会社・入居者トラブル編】--不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
>
給水管の老朽化による水漏れ請求は誰に? -勝ち組大家への道【管理会社・入居者トラブル編】-
勝ち組大家への道【管理会社・入居者トラブル編】

給水管の老朽化による水漏れ請求は誰に?(地域・兵庫県)

シェア
ツイート
LINEで送る
 築35年のアパートを所有しています。

 この度、給水管の老朽化にともない修繕することになりました。その旨を2階の入居者(Aさん)に何度も室内の配管工事をお願いしていますが、Aさんは毎回拒否しています。

 それによって、給水管が破裂し下階の住居(別のB入居者)が水浸しになりました。
 この場合の損害金は誰に請求できますか?

Answer

賃借人は保存に必要な修繕を受け入れる義務もある

 築35年の古い物件でも、もともと古い建物だからという理由だけでは賃貸人の修繕義務は免れません。

 築35年の建物なりに使用継続することに支障があるか否かが判断のポイントとなります。部屋が水浸しになるほどの水漏れであれば、もちろん使用継続に支障が出ますから、原則的には賃貸人が修繕する義務があります。

 しかしこのケースの場合、賃貸人は修繕の申し出を何度もしていますので、これを拒否したAさんとの関係が問題です。

 実は賃貸人が賃貸物の保存に必要な行為をするとき、賃借人はこれを拒むことが …
高砂健太郎 弁護士(中崎町法律事務所)
高砂健太郎 弁護士(中崎町法律事務所)
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-1-1 ゼネラルビル3階
TEL:06-6316-1101/FAX:06-6316-1102
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

賃貸管理
空室対策
滞納退去
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

賃貸管理の特集

成功大家さんに聞いた!不動産会社・関連業者との付き合い方
地震で入居者に被害が出た場合の大家さんの『責任』とは?|不動産に強い弁護士が回答!
大家さんの災害対策|地震や災害から大家さんの資産や入居者を守るための対策
貸店舗(テナント)の解約による退去トラブルや修繕負担など契約前に注意する点を学ぼう!
賃貸オーナーなら知っておきたいアパート経営のノウハウ
サブリース契約のトラブルが後を絶たない!途中解約の問題点やメリット・デメリットなど
大家さんと不動産仲介業者とのトラブル!入居者募集や不良入居者の客付けトラブルなど
建物の用途変更は計画的に!失敗したらかかる金額も労力も痛い
この修繕費は大家が払うべき?賃貸アパート管理で起きたトラブル事例
全ての大家さんに起こりうる!?悪質入居者との解約トラブルと解決法
サブリース契約を解約し通常のアパート経営へ変更をする際の次の管理会社の決め方や変更の対応とは?
クロス張替えの原状回復において、ガイドラインや計算方法とは? 壁紙に黒いカビ……費用を請求しても良い??
賃借人が勝手に交換した畳の費用の請求……負担するべき?
成功大家さんに聞いた!不動産会社・関連業者との付き合い方
賃貸経営の協力業者が語る「付き合いやすい大家さん」
賃貸経営の協力業者が語る「付き合いにくい…大家さん」
地震で入居者に被害が出た場合の大家さんの『責任』とは?
自然災害から資産を守るための火災保険・地震保険の選び方

×

PAGE TOP