相続大家が考える今後の賃貸経営 天災への備えと、不動産市況から考える今後の入居者募集の在り方|口コミ大家さん取材企画|大家さんが実体験から語る口コミ体験談-不動産賃貸経営博士-

>
>
>
>
相続大家が考える今後の賃貸経営 天災への備えと、不動産市況から考える今後の入居者募集の在り方|口コミ大家さん取材企画|大家さんが実体験から語る口コミ体験談
不動産経営大家さんの口コミ
大家トップ画像
※プライバシ―及び営業セールスの防止のため、当社の規定によりサングラス着用の上で撮影をさせていただいております。本人の意図するものではございません。
相続前から不動産賃貸経営に関わってきた「自主管理専業大家」
――マサオさんが大家さんになったきっかけはなんですか?

8年ほど前に相続をしました。実際はそれ以前の15年前くらいから、親の体調が優れず物件の管理などが難しくなってきたため、相続前から携わっていました。

――相続した物件は、どのようなものですか?

自宅の周辺で数棟、20戸くらいを相続しました。その後購入したのは1棟だけで、これも自宅のすぐそば、歩いて2分くらいの場所にあります。あとは古くなった物件を立て替えたり余っている土地に足したりして、現在は全部で40戸くらいですね。
「自主管理専業大家」としてやっていて、物件はすべて自主管理です。 すべて法人を持たせていますよ。

――相続時に大変だったことはありますか?

管理についてはそれ以前から行っていたため問題はありませんでしたし、事前に手を打っていたので相続時に大変だったことは特にありませんでした。
ただ、相続時に税務署の調査が入ったのが少し大変でしたね。依頼した税理士先生がしっかりと対応してくれたので税務署へは10万円ほど支払いをして終わりました。相続税の申告は自分で行ったのですが、税理士先生へお支払するお金は80万円くらいになったので、まいっちゃいますよね(笑)

リフォームで築古でも入居者を確保 災害に備えた対策も
――マサオさんの物件の現状とか、特長はどんな感じですか?

今年はずっと満室ですね。退去予定も今のところ出ていません。今年は賃貸の景気がいいのか、今まで繁忙期には必ず出入りがありましたが、特にそのようなことはなくよかったですね。
築4年・6年の物件が2棟ありますが、大半の物件が築20~30年と築古です。リフォームを行った物件は、築古でもちゃんと入居者が決まりますね。都心で交通の便が良い駅なので立地がいいことも理由の1つだとは思います。

――今後について考えていることはありますか?

最近は天災に備えることを考えていますね。
入居者に対して「マナー同意書」を契約時お渡ししてサインをもらっています。主に、何かあったときに助け合いをしましょう、お互いに挨拶をし合って顔見知りになっておきましょう、というような内容です。
あとは、災害時の避難場所について、近くの小学校等を案内する掲示物を作成して、入居者がわかるようにしています。オリンピック前に地震があるとも聞くし、何があるかわからないですよね。

家賃が上がっても、通勤時間の短い都心に人は集まる?
――これからの不動産市況について、感じることはありますか?

みんな都心に集まっているような印象がありますね。都心の賃貸の景気としては悪くないと思います。
所有している物件の入居者は大体1R・1Kのシングル世帯の人たちですが、やっぱり会社や大学へは近い方がいいですよね。災害があったときに帰れなくなる可能性があることも考えているようです。通勤時間は30分以内、徒歩や自転車で通勤する方もいらっしゃいます。
今はいいのですがこの先どうなるかですよね。
実は家賃は上げていっているんです。特に都心の新築賃貸マンションは家賃が高く設定されているので、それにつられて上がってきているんでしょうね。家賃を上げたと言っても築古の分、そのようなマンションよりは安いんです。

――ありがとうございました!

おすすめ口コミ体験談!

口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数10
口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数24
口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数13
口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数66
口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数45

PAGE TOP