入居者審査(契約)時の賃借人の見分け方や契約の仕方とは?【勝ち組大家への道 - 空室対策・契約トラブル編】-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > 空室対策 > 【web版】勝ち組大家さん > 入居者審査(契約)時の賃借人の見分け方や契約の仕方とは?【勝ち組大家への道 - 空室対策・契約トラブル編】
勝ち組大家への道【空室対策・契約トラブル編】

契約時の賃借人の見分け方や、契約の仕方を教えて下さい。(地域・東京都)

シェア
ツイート
LINEで送る
現在、木造アパートの一部屋(1DK) が空室となり、入居者を募集しています。

先日、募集をお願いした不動産会社よりある人を紹介されました。契約者は50代後半(男性)でひとり入居です。兄弟で60代のお兄さんが居ます。

兄弟は緊急連絡先のみとして連帯保証人は付けずに、家賃保証会社に入ってもらう契約にしましょう。と、不動産会社の方に言われています。
申込書を見ると、勤続2年とありましたが(50代後半なのに?)、申込当月の1日発行の健康保険証(会社グループの保険)でした。

私としては保証会社への加入はもちろんして頂き、連帯保証人として御兄弟になって頂きたいのですが、不必要な事でしょうか?

又、当月加入したばかりの保険証提出者の勤続証明等が取れれば、信用すべきでしょうか?
勤続2年と記入しているのに、社会保険がこういう事だと、信用できないとして、申込を断るべきでしょうか?

疑う自分も嫌になりますが、先々揉める事の無いようにしたいと思っています。
どうぞ宜しくお願いします。
Answer
保証会社も倒産する時代です。連帯保証人も取って頂いた方が安心できます。
保証会社もいろいろあり、家賃だけを保証する会社、連帯保証人と同じ業務を行なって
本部長 保科 (株式会社ハウステーションプロパティマネジメント)
PM第一事業部 部長 執行役員 保科
株式会社ハウステーション プロパティマネジメント

〒178-0063
東京都練馬区東大泉5-28-5 G-BUILDING
TEL:03-5947-4551/FAX:03-5947-4554
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP