新しい資産運用方法 太陽光発電投資「光のガーデン」【株式会社アポロ】-賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 土地活用 > 土地活用 資産運用 > 新しい資産運用方法 太陽光発電投資「光のガーデン」【株式会社アポロ】

新しい資産運用方法
太陽光発電投資「光のガーデン」

シェア
ツイート
LINEで送る
年利回り10%も期待できる!!
~新しい資産運用方法 太陽光発電投資「光のガーデン」~
太陽光発電投資とは?
太陽光発電投資は不動産投資等と比較して一般的にリスクが低く、長期に渡って安定的な収益を見込めるというメリットがあります。2012年施行の「再生可能エネルギー特別措置法」により、発電した電力を20 年間に渡り固定価格にて電力会社に販売できます。
売電収益のみならず、相続税対策や節税にも有効な投資であり、個人様だけでなく中小企業のオーナー様にもオススメできます。太陽光発電投資には大きな魅力がつまっています。
太陽光発電投資「光のガーデン」と他の資産活用との比較
太陽光発電
光のガーデンの仕組み
太陽光発電
現在、運用収益は不動産と同等かそれ以上を期待できる。途中や終了後の売却益はまだ未知数。発電した電気は全量、決まった価格で買い取られるため収益は安定している。
自宅で発電状況をチェック
遠隔モニタリング
パソコンや携帯でいつでも現地の太陽光発電を遠隔モニタリングできるので安心です。 天気や気温や売電金額などグラフで確認できます。
賃貸経営
賃貸経営
長期の家賃収入が得られる。ただし、管理費など支 出や空室時の対策が必要で、価格下落のリスクも。
株式投資
株式投資
資産としての流動性はあるが、変動のリスクが大きい。

売電収益だけじゃない 太陽光投資は節税にも効果アリ
「生産性向上設備投資促進税制」という制度により、特別償却(設備代金の50%)または税額控除(最大4%)のどちらかが可能となる場合があります。
(例)今年度に1,000万円の利益が出ている法人様で、(法人税+事業税)40%とする場合
▶ 一般的な場合
 一般的
▶ 1,500万円の太陽光発電設備を投資した場合
――― 50%特別償却適用(今回の場合:特別償却額750万円)
太陽光発電設備を投資
今年度の 税金が
300万円 ダウン!
オーナー様の

「光のガーデン」をご購入いただいたオーナー様(左) とアポロ法人担当:松留(右)
佐賀県内に1区画、茨城県内に2区画の「光のガーデン」を購入しました。元々、不動産にも投資をしており、ワンルームの賃貸マンションを3棟所有しています。マンション経営では、一時期半分の部屋が空室になってしまったり、入居者の入れ替わりで原状回復の費用がかかるなど予測をつけるのが難しいところがありました。

一方、太陽光発電はある程度は先の予測ができ、安心できるということで挑戦しようと思いました。売電収入は季節によって多少の変動はありますが、年の表面利回りは約10%程度です。
太陽さえ出ていれば発電するので不動産経営と比べてリスクが少ない点が安心できます。

また、購入の際に不安だった銀行融資に関してもアポロさんが相談に乗ってくださったので、購入の決め手になりました。

今年度に認定された設備の売電価格は24円/kWhですが、過去に設備認定を取った発電所は、当時の売電価格が適用されますし、メーカーや工事会社もコストを下げてきているので、現在の価格でも以前と同様の利回りが期待できる物件も出てきています。今からでも遅くないと思います。
こんなお悩みをお持ちの方、ぜひアポロにご相談ください
▶物件が高く売れたは良いが、払う税金を減らしたい
▶いい投資物件がなく、預金、与信を持て余している

0120-642-456
株式会社アポロ 法人エネルギー事業部
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5 第一いさみやビル3F
http://www.apollo-corp.co.jp/
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

土地活用
空室対策
滞納退去
賃貸管理
不動産投資
相続・税金
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP