特定の相続人を排除することは可能ですか?相続人排除と相続欠格について|プロに聞け!土地資産活用[相続対策編]-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
>
特定の相続人を排除することは可能ですか?相続人排除と相続欠格について|プロに聞け!土地資産活用[相続対策編]
プロに聞け!土地資産活用[相続対策編]

『ある特定の相続人を排除することは可能ですか?』

私には息子が3人いますが、次男とは家族間のトラブルで絶縁状態です。次男には、私の遺産を相続させたくないのですが・・・
シェア
ツイート
LINEで送る
 最初にするべきことは『遺言』を作成することです。遺言では、法定相続分に関係なく、自分の遺産を誰にどのくらい相続させるかということを定めておくことができますし、ある相続人には一切相続をさせないと定めることもできます。

 ただし、法定相続人には、遺言によっても排除することのできない『遺留分』という権利があります。仮に、遺言で法定相続分とは異なる割合で遺産分割がなされることが定められても、法定相続分の内、一定の割合の遺産については取り戻すことができるという権利です。

 相続では、亡くなった方の遺志を実現するというポイントもありますが、一方で「残された遺族の生活を保障することも必要である」というポイントも同時にあるからです。法定相続人が遺留分を主張した場合、一定の割合(法定相続分の2分の1又は3分の1)については、相続を受けることができます。

『排除』という制度について

 ある一定の条件を満たした場合に、推定相続人としての地位を奪い、遺留分すら剥奪することができます。相続人に最低限認められた遺留分さえ奪う訳ですから、その条件は厳しいですし、家庭裁判所の『審判』という手続を経る必要があります。

 この審判は、
この記事の回答者
田村 吉央 弁護士
山﨑 健介 弁護士kensuke yamazaki
ノーサイド法律事務所
〒105-0003 東京都港区西新橋1-18-6 クロスオフィス内幸町 606
TEL 03-6257-1788  FAX 03-6800-1492
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

相続・税金
空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP