空き家の3000万円控除の注意点-1億円以下にするために分筆して切り売りした場合の注意点とは?--賃貸経営博士-

空き家の3000万円控除の注意点-1億円以下にするために分筆して切り売りした場合の注意点とは?--賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 相続 税金 > 【web版】プロに聞け > 空き家の3000万円控除の注意点-1億円以下にするために分筆して切り売りした場合の注意点とは?-
プロに聞け!土地資産活用

空き家の3000万円控除の注意点-1億円以下にするために分筆して切り売りした場合の注意点とは?-

シェア
ツイート
LINEで送る
去年売却したときに3000万円控除受けたし…この土地いつ売ればいいんだ?
空き家の3000万円特別控除の適用要件である売却代金1億円以下については、分筆して切り売りした土地ごとに判定するのではなく、売却金額の合計額で判定します。 なお、売却金額の合計額で判定するのは、最初の売却から3年経過後の12月31日までに売却されたものに限られます。 平成28年4月1日より創設された「空き家の3000万円控除」は、被相続人が一人暮らししていた実家(相続後は空き家)を相続した相続人が、空き家を耐震リフォームして売却又は空き家を取り壊して敷地を売却した場合に譲渡所得の計算上3000万円控除する制度です。 主な適用要件は、次のとおりです。

「空き家の3000万円控除」適用要件

①平成28年4月1日から平成31年12月31日までの譲渡であること
②相続開始時から3年後の12月31日までに譲渡すること
③相続開始直前において被相続人が一人暮らしであること
④相続した空き家が昭和56年5月31日以前に建築されたもの(区分登記されたものを除く)であること
⑤相続開始時から譲渡の時まで事業など他の用途に一切供されていないこと
⑥売却代金が1億円以下であること
⑦家屋を取り壊さずに売却するときは、その家屋が新耐震基準に適合するものであること

⑥の1億円以下の要件を満たすために土地を分筆して売却することで売却代金を1億円以下に抑えて特例が適用できるのではと考えられますが、制度上は最初の売却から3年経過後の12月31日までに売却された売却代金の合計額で判定するという制限が設けられています。下記Aの場合は、制限期間内に追加で売却し合計額が1億円を超えてしまったため平成29年分の3000万円控除が適用できなくなり、修正申告が必要になります。一方でBの場合は、制限期間を経過した後に売却しているため、売却代金1億円以下の判定には含まれません。
「空き家の3000万円控除」適用要件の図
この記事の回答者
田中 博史 税理士
田中 博史 税理士Hiroshi Tanaka
税理士法人シリウス
〒102-0082 東京都千代田区一番町9-8 ノザワビルディング6F
TEL 03-6261-2191 FAX 03-6261-2193 URL http://www.sirius-ta.com/
相続税申告( 相続税対策)・不動産譲渡税申告を中心に従事し、累計で5,000 件を超える資産税の相談業務に携わっています。土地オーナーの資産有効活用や相続税対策を得意としています。相続税の試算や分割対策等について、お気軽にご相談ください。
また、信託銀行、ハウスメーカー、大手不動産仲介業者、公益社団法人東京都・茨城県宅地建物取引業協会、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会等で150回を超えるセミナー・研修会を行った実績があります。
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

相続・税金
空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP