一般媒介契約とは?|不動産賃貸経営用語集 一般媒介契約の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
一般媒介契約とは?|不動産賃貸経営用語集 一般媒介契約の意味を調べる!

一般媒介契約

シェア
ツイート
LINEで送る
一般媒介とは、複数の不動産業者に同時に売却依頼ができることじゃ! 並行依頼により情報を発信する窓口が増えますが、レインズへの登録義務や、売主への販促活動の報告義務は業者側に課せられません。そのため安定性の低い依頼になり、買い手探しに本腰を入れてもらいにくいという難点があります。
一般媒介契約には、依頼先を公表する「明示型」と、公表しない「非明示型」があるのじゃ!

「明示型」の一般媒介契約
どこの不動産業者に並行して依頼しているのかを通知しなければいけません。不動産業者からすれば、どこが仲介に入っているか明確です。不動産会社に競争意識が芽生えるため、積極的に買い手を探してもらいやすくなります。

「非明示型」の一般媒介契約
どこに依頼しているかを明らかにする必要はありません。不動産業者の立場で考えれば、ライバルがどこなのか不明確な状態で売却を進めなければならないです。

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP